2017年 ラスベガス・グランドサークル旅行 6日目(最終日)

この旅行もいよいよ最終日。
はっきり言って、朝早く起きて飛行機に乗って家に帰るだけ。なのだが、この日のハイライトは2つ。
まず1つ目はホテルからUberを使用して空港へ向かうこと。2つ目はサンフランシスコでの乗り換えが45分しかないこと。

_DSC6531

まずは9時12分発のラスベガス発サンフランシスコ行きの飛行機に乗るため、7時頃ホテルをチェックアウトします。

タイミングを見計らって予約していたUBERに乗るため、ライドシェア乗り場へ向かいます。

事前に場所を確認しておかなかったので少し迷いましたが、乗り場はホテルのメインエントランスを出て右に向かうと緩やかな左カーブの道に出ます。
カーブの道を歩き出してすぐ右手側に駐車場ビルに向かう歩行者用通路があるのでビルに入り、一階下がった所がライドシェアエリア。

bellagiorideshare
この赤い線の通り進んで建物に入って行くと乗り場があります 

そして、おそらくドライバーさんが先に着いたのにも関わらず僕らが居ないからか電話がかかってきたのだが、UBERのプロフィールで漢字の名前を入れていたのでドライバーさんが読めずにちょっと困ってしまっていました。

もちろんその後すぐに名前を変更しましたが、海外でUBERを使うのならその国の言語のプロフィール名にしておいた方がトラブルが減らせます(当たり前の話ですね)。

IMG_5959

空港に向かう車はホンダのオデッセイ。ドライバーは気さくな方で色々と喋ってくれて会話も弾んだのだが、正直そんなに英語が得意ではないので静かに連れて行ってくれた方が嬉しかっです(^^;)

朝のラスベガス市内を走り抜け、空港まではわずか15分で到着。車を降りてすぐの建物外にカーブサイドチェックインという、基本有料らしいサービスのカウンターもありますが、素直に建物内のチェックインカウンターへ向かいます。

IMG_5961

ここでも自動チェックイン機でチェックインを行い、出された荷物タグを付けて有人カウンターで荷物を預けます。保安検査、出発ゲートへの移動もスムーズに済みました。

時間が余ってしまったので、この旅初めてのスロットをちょっとやったり休んだりして時間を潰す。のですが、出発時刻になっても人が集まらず、あれ?と思い、搭乗券を見たらゲートを2つ間違えていました。

今回は余裕を持ってきちんと搭乗出来ましたが、アナウンスで呼ばれたり、最悪搭乗出来なかったりするので、旅の最後は疲れと安堵感などでゲートを間違えてしまいやすいので、特に気をつけないといけないですね。ってそんな事やるのはぷくおだけかもしれませんが…
そんなこんなでサンフランシスコへ向かいます。

IMG_9490 (1)

途中ヨセミテのようにも見えたヨセミテ国立公園の南上空を通ったりして少し早めに着陸。ですが、結局ゲートに他の飛行機がいるとかで待機させられ、ほぼ定刻通りにゲートに到着。

ここからは急いで成田行きの飛行機に乗り換えます。これについては事前にいろんな方のブログや 空港HPを見て予習していた通り、壁に沿って右に進んでいくだけで国際線が発着するゲートへ到着します。

map-landing
このイラストだと黄色の一番左のターミナル3のFのあたりに到着し、右に右にと進んで緑色の国際線Gの先端のゲートから出発した

今回は大体10分ほどで到着。
きちんとゲートも確認し、機内へ搭乗。あとは乗っているだけで帰国。だったのですが、今回は日米間路線にしては珍しく機内が寒く、国内線の極寒対策で厚着をしていたのにもかかわらずブランケットを借りて何とかしのぎました。

さらに機内食も久しぶりにハードな味付け。
もともと後方の座席を取っていた為か、ぷくおの所へ機内食が回ってきたときにはパスタしか残っておらず、ふやけた麺になんだかエキゾチックとしか言いようのない味付けのパスタでした。

まずい機内食が逆に楽しみになっているぷくおはいいでが、ぷくお妻や周りの学生さんは残してしまっていたので、やっぱり世間的に見れば評価の下がる機内食だったと思います。

そんな不満点はあったものの、映画を見たり寝たりして、約10時間で成田空港に到着。入国審査・税関と進み、蒸し暑い我が家へと無事に帰宅しました。

2017年ラスベガス・グランドサークル関連記事

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です