JAL国際線の秋メニュー提供開始とビジネスクラスの新アメニティキットがそれぞれ登場

8月も間も無く終わりとなりますが、JALより国際線機内食の秋メニューとビジネスクラスの新しいアメニティキットがそれぞれ提供されることが発表されました。

機内食秋メニュー

JALでは欧米線、豪州線、東南アジア線で「空の上のレストラン」をコンセプトに最上の機内食を提供していて、確かに今春ぷくおが搭乗した欧州線でも往復とも満足のいく機内食で、変な機内食が逆に食べたくなるほど美味しい食事でした。

▲日本→欧州

▲欧州→日本

今回、プレミアムエコノミークラスとエコノミークラスであららたなシェフを監修シェフに迎えるなど、さらに美味しくなったこだわりの秋メニューを用意するそうです。

「JAL KITCHEN GALLERY」〜若き料理人たちによる機内食〜新メニュー

プレミアムエコノミークラス、エコノミークラスを対象に提供されている機内食「〜若き料理人たちによる機内食〜RED U-35」に新たに5名の若手シェフを迎え、さらに新しい”驚き”と”楽しさ”に出会えるそうです。

メニューは3ヶ月ごとに変更され、今秋以降の担当シェフは次の通り。

via:JAL

赤井シェフ、立岩シェフによる秋メニューは次の2種類。

▲洋食:赤井顕治シェフ監修「若鶏とキノコのフリカッセ」

▲中華:立岩幸四郎シェフ監修「牛バラ肉とトマトのピリ辛煮込み」

提供期間・対象路線は次の通りとなります。

  • 提供期間:2019年9月1日~2020年8月31日
  • 対象路線 :
    成田発 シカゴ、ダラス、ボストン、ニューヨーク、ロサンゼルス、シアトル、サンディエゴ、バンクーバー、フランクフルト、ヘルシンキ、モスクワ、シドニー、メルボルン、
    シンガポール、クアラルンプール、デリー、ジャカルタ、マニラ、バンコク、ハノイ、
    ホーチミンシティー行き
    羽田発 ニューヨーク、サンフランシスコ、ロンドン、パリ、シンガポール(JL037)、マニラ、バンコク(JL031)行き
    中部発 バンコク行き
    関西発 ロサンゼルス行き
  • 対象クラス:プレミアムエコノミークラス・エコノミークラス

AIRシリーズで「吉野家の牛丼」を提供

到着前の2食目の食事として提供され、好評となっているAIRシリーズ。第33弾として吉野家の牛丼、その名も「AIR吉野家」が提供されます。

  • 提供期間:2019年9月1日~2019年11月30日
  • 対象路線:
    成田発 シカゴ、ダラス、ボストン、ニューヨーク、ロサンゼルス、シアトル、
    サンディエゴ、バンクーバー、フランクフルト、ヘルシンキ、メルボルン行き
    羽田発 ニューヨーク、サンフランシスコ、ロンドン(JL43)、パリ行き
    関西発 ロサンゼルス行き

ロンドン・フランクフルト発便「ご当地丼」のリニューアル

ファーストクラス・ビジネスクラスで提供されている「ご当地丼」について、ロンドン発、フランクフルト発がリニューアル。ロンドン発は「日本料理アカデミーU.K.」副理事長の林シェフによる「ロン丼〜鯛利休茶漬け〜」。フランクフルト発はドイツの人気ラーメン店「無垢」の山本シェフによる「フランクフル豚丼〜MUKU’S ローストポーク丼〜」がそれぞれ搭乗します。

▲ロン丼~鯛利休茶漬け~】 胡麻だれに漬けた炙り鯛に特製出汁のお茶漬け

▲【フランクフル豚丼~MUKU’S ローストポーク丼~】 JAL機内食オリジナルのこだわりの焼豚

  • 提供期間 :2019年9月1日~
  • 対象クラス:ファーストクラス・ビジネスクラス
  • 対象路線 :
     ロンドン発 羽田行き
     フランクフルト発 成田行き

「あられミックス」が5年ぶりにリニューアル

今回「あられミックス」も味と食感の広がりを追求しリニューアルされました。動物性原材料は一切使用せず、あられやアーモンド、豆菓子など7種類が組み合わされているそうです。

  • 内容:柿の種、大豆あられ・磯あられ・小枝あられ・パリポリあられ、アーモンド、うすくち豆
  • 提供期間: 2019年9月1日~
  • 対象路線: 国際線全クラス 国内線ファーストクラス
    ※除く韓国線エコノミークラス
    ※日本発ニューヨーク線(JL4/JL6)より順次展開

国際線ビジネスクラス新アメニティキット

2019年8月下旬より、JAL国際線長距離路線のビジネスクラスに新しいアメニティキットが登場。

日本出発便では日本人の黒木理也(くろきまさや)氏とフランス人のGildas Loaëc(ジルダ・ロアエック)氏がパリで立ち上げた「MAISON KITSUNÉ(メゾン キツネ)」とのコラボレーションのキットが、航空会社のアメニティキットとして世界で初めて提供されます。

▲「MAISON KITSUNÉ(メゾン キツネ)」アメニティ

日本到着便のアメニティキットは、日本を代表するセレクトショップ「BEAMS」とのコラボレーションキット。洋服の柄や素材をモチーフとしたオリジナルデザインを約3ヶ月ごとに変更することで日本の四季も表現するそうです。

▲「BEAMS」アメニティ

サービス概要

  • 提供期間:2019年8月下旬より順次
  • 対象路線:
    成田発 シカゴ、ダラス、ボストン、ニューヨーク、ロサンゼルス、シアトル、サンディエゴ、
    バンクーバー、フランクフルト、ヘルシンキ、モスクワ、シドニー、メルボルン行き
    羽田発 ニューヨーク、サンフランシスコ、ロンドン、パリ行き
    関西発 ロサンゼルス行き
  • アメニティ内容:歯磨きセット、耳栓、アイマスク、ティシュペーパー、保湿マスク、リップクリーム(*)
    (*) 「MAISON KITSUNÉ(メゾン キツネ)」ポーチ内のリップクリームは、「MAISON KITSUNÉ(メゾン キツネ)」オリジナルデザイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です