4ヶ月ぶりにiPhone X復活。さらにApple Watchで不具合のあったバンドも到着!

SIMロック解除トラブル解決

携帯電話会社をMNPしたところ、実は初期不良で交換扱いとなっていたiPhone Xの製造番号(IMEI番号)の引き継ぎがアップル社内でエラーになっていたようで、SIMロック解除ができなかった。というのが今年7月の話。

iPhone歴11年の私が初めてAndroid端末を触ってみて良かったところ・不満だったところ

本来ならオンラインで無料にてSIMロック解除できたはずがMNP手続きまでに間に合わず、さらに何度もアップルとソフトバンクのカスタマーセンターに電話して、これで大丈夫そうです。と言われたものの、仕事が忙しくなってソフトバンクショップにいけないまま3ヶ月が経過。

ようやくソフトバンクショップに行ったらまたもIMEI番号エラーでSIMロック解除できずに撃沈。

再度ソフトバンク、アップルと電話で相談したところ、7月にアップルで聞いた修理日が異なっていたことが判明。

改めてソフトバンクに電話して正しいと思われる修理日を伝え、待つこと1週間。改めて最寄りのソフトバンクショップに行き、SIMロック解除を申し出てみると、今までの苦労が嘘だったかのようにすんなりとSIMロック解除に成功しました。

ようやく4ヶ月ぶりに現役復帰したiPhone Xですが、代替で使っていたiPhone 6sからすると処理速度に雲泥の違いがありますね。これなら5Gがあまり普及していない今、できることにそこまで違いのないiPhone12に乗り換えなくてもいいなと思ってしまいました(笑)

今回の教訓としては、そもそもシムロックがかかった携帯を買わないこと。そして交換修理となった際は必ず明細を残しておくことの2つ。

とはいえ、iPhone Xを購入した2017年と今では携帯電話を取り巻く環境もだいぶ変わり、シムフリーのAppleストアから買うのが一番安い状況。わずか3年でどんどんと状況が変わっていることを改めて思い知らされました。

Apple Watch series 6バンドトラブル

続いてはApple Watch。発売開始直後に購入し、開封と同時に発覚したバンドの不具合。どういうものかというと、Apple Watch本体に設けられた溝にバンドをスライドして挿入すると、途中でロックがかかるという仕組みのはずが、片方のバンドがロックがかからずに抜けてしまうというもの。

Apple Watch series 6がようやく手元に届くも、早くも2つのトラブルに見舞われる(涙

さらに残念だったのが、アップルに相談したところ発売直後はアップル内の修理システムにseries6が登録されていないため、修理の受付ができなかったというもの。

こちらはしばらくしたら修理受付可能と連絡があったものの、再度アップルに相談するのが伸びてしまっていました。

今回ようやくアップルに相談でき、交換のバンドが到着となりました。

とはいえ、バンド不良で急遽購入した格安革バンドが気に入っているので、アウトドアに持ち出すまでは箱にしまっておこうと思います。

【Apple Watch】王道の「BRG コンパチブル 本革 ビジネススタイル アップルウォッチバンド」を購入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です