zoomのアップデートでまたもα7Ⅲの入力が受け付けられない状態に…

先日書いたように、パソコン内蔵カメラと違って見違えるほど綺麗な画となるデジタルカメラのWEBカメラ化。

Mac版ZOOMの外部カメラでα7Ⅲを設定してみました。

 

zoomのバージョン5.0.4(Mac版)で再び外部カメラ(仮想カメラ)を選択できるようになっていたものの、さらなるアップデートで特定のカメラ以外は再び利用不可となってしまいました(現時点の最新版は5.1.0)。

仕方ないので、リスクを承知でzoomの外部カメラ入力を復活させたいと思います。

外部カメラを使用するリスクと安全な機器

そもそもなぜ特定のカメラ以外の入力を受け付けなくなったのかという問題ですが、こちらは「ローカルプロセスがユーザー特権で細工されたライブラリを読み込み、それによってzoomクライアントが利用可能としているカメラとマイクのアクセス権限を継承することで、カメラ・マイクの接続許可通知を出さないまま映像・音声を取得することが可能」であるため(via : CVE-2020-11470)。

簡単に言えば、悪意を持ったソフトがzoomが利用しているカメラ・マイクの映像・音声をユーザーが分からないうちに盗み取ることが可能だということ。

その結果、zoomのクライアントアプリは安全性が確認できている次のアプリのみホワイトリストとして登録し、利用可能になっているとのこと。

  • Zoom Video Communications, Inc. (BJ4HAAB9B3)
  • Snap, Inc. (424M5254LK)
  • Visicom Media Inc. (6SUWV7QQBJ)
  • Blackmagic Design Inc (9ZGFBWLSYP)
  • Telestream LLC (WSG985FR47)
  • Wizards of OBS LLC (2MMRE5MTB8)
  • Kinoni Oy (P2N5288CNQ)
  • Boinx Software Ltd. (6372P8EH2J)
  • Ecamm Network, LLC (5EJH68M642)
  • NewTek, Inc. (W8U66ET244)
  • Vesa Heikkila (49J9VSEK39)
  • Prezi Inc. (G3FPFFW4NC)
  • Logitech Inc. (QED4VVPZWA)
  • Reincubate Ltd (Q248YREB53)
  • Cascable AB (EB5BP6YJ4R)
  • GoPro, Inc. (5R97Y7Q7FD)
  • Loomai, Inc. (98Q66P5BC7)

なので、おそらく次のHDMI対応ビデオキャプチャを利用すればセキュリティの問題もなく外部カメラが利用できるはずです。

それでもCamera Liveを使うために

ここから先は、リスクを受け入れられる方のみどうぞ。

先ほどのリストでは、α7Ⅲを外部カメラとして利用可能とする「Camera Live」や「OBS Studio」は入っていません(OBS Studioは近々承認されるという噂あり)。

ですので、zoomアプリでそもそも承認をさせない形で外部カメラを利用可能にしてしまいたいと思います。

必要なもの

必要なのは次の2つ。どちらもアップル純正ソフトなので無料です。

  • Xcode(アップル純正の開発ソフト。インストールされていない場合はこちらをクリックするとApp Storeからダウンロードできます)
  • ターミナルアプリ(アプリケーションフォルダのユーティリティに入っています)

やり方

まず、Xcodeがインストールされていない場合は上記リンクやApp Storeからインストールを行いましょう。

続いて、zoomアプリが終了した状態でターミナルアプリを開きます。

ターミナルアプリに次の一文をコピペし、実行。

codesign --remove-signature /Applications/zoom.us.app/

すると、zoomアプリで今まで出てこなかった外部カメラが選択可能に!

注意

リスクは先ほどお伝えした通りですので省くとして、注意点はzoomのアップデートをするたびにターミナルの修正が必要なことです。

SONYがデジタルカメラをWEBカメラとして接続するためのアプリをリリースするか、現在のソフトウェアがホワイトリスト入りするまでは気をつけて利用しましょう!

追記:ホワイトリスト2番目に記載のSnap. Incが提供している「Snap Camera」というアプリを使い、まずSnap Cameraでα7Ⅲの映像を入力(Camera Live→CamTwistの映像)し、zoom上で外部カメラとしてSnap Cameraを入力することでも利用可能の模様です。

Snap Cameraの設定画面。カメラ選択画面でCamTwist (2VUY)を選択することで映像が確認できました(単なるCamTwistではなぜか映像が表示されず)

とはいえすでにzoomアプリの修正をしてしまっているので、それが影響した可能性もあります。次のzoomアップデートで修正がリセットされたら追試してみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です