子供用フルオーダーヘルメットがついに完成!

さて、先日ご報告したとおり第2子もどんどんと頭の形が歪んでしまい、子供の将来を考えて赤ちゃんの頭の形を矯正することに特化したクリニックにて矯正用のヘルメットの作成をお願いしておりましたが、無事ヘルメットが完成したとの連絡をいただいたので受け取りに行ってきました。

次男もそろそろ生後半年。次第に頭の形が気になってきたので専門病院に行ってきました。

台風14号の影響が少し残る中、車で無事に赤坂見附に到着したぷくおと次男坊。コロナ禍のため予約時刻ぴったりにクリニックに入ります。

優しい雰囲気の診察室に通され、しばらくしてオーダーしたヘルメットがお目見えしました。最終的には丸い頭にするという目的なので、てっきり長男とそれほど変わらない形状だとばかり思っていましたが、先生によると開始時期の差(次男の方が早い段階で相談できた)もあり、より丸い頭蓋骨になるようデザインされているのだそう。現状の頭の形と、矯正後の予想CGも見せてもらいましたが、絶壁頭のぷくおからすると寝る時にごろごろして逆に不安定になるんじゃない!?と思えるほど綺麗な頭になる見込みです(笑)

ヘルメットを子供に被せ、抱っこした状態やベッドに寝かせた状態で頭とのクリアランスや耳や額に当たってしまう場所がないかをチェックし、当たってしまったところはすぐに修正をしてもらい、ついにヘルメットが完成!!

▲選んだ図柄はフクロウ。通気孔の数は中レベルにしたので、絵柄もしっかり視認できます。

また、ヘルメットを修正する途中では皮膚科の医師によるお肌の状態チェックや、ヘルメットの取り扱いや子供へのヘルメットの鳴らし方といった説明を受けます。2度目のヘルメットではあるものの、長男は速攻でヘルメットを被ることに慣れてしまったので、忘れていた慣らし方を中心によく聞いておきました。

帰宅後、早速ヘルメットを被せてみると病院で試着した時よりも少しきついのか(むくんだ?)、しばらくするとちょっと嫌そうな顔になってしまいました。

最初の数日は1回1〜2時間程度を数回着用とのことでしたので、子供が嫌がったらすぐに外すようにしてみましたが、翌朝にはヘルメットをした状態で二度寝をするぐらいに馴染んでくれました。

せっかく作ったヘルメットにも関わらず、どうしても嫌で装着しないお子さんもいるようなので、今後も慎重に慣らしていきたいと思います。

ちなみに約2年ぶりに作ったヘルメットですが、クリニックのホームページに記載されていた頭の蒸れ防止の通気孔が増えていただけでなく、もう少し頭が大きくなってきた時に調整で使用するベルトの素材も変更されているといった、非常に細かいアップデートが施されていることも分かりました。

▲内部はこんな感じ。プロモメットヘルメットは洗えるので清潔が保てやすいのがメリット。なお中に貼られているスポンジは頭の成長に合わせて外して、より綺麗な形に矯正させるためのもの。

予定では来年春にはヘルメットも卒業になりますが、問題なく矯正治療が進んでやって良かったと思える頭の形になることを心底願っています。それまでは月1回クリニックで診察・ヘルメットの調整があるので、定期的にこちらでも経過をご報告できればと思っていますので、興味のある方はお楽しみに。

今回訪れた病院

  • 病院名:赤ちゃんのあたまのかたちクリニック
  • 住所:東京都港区赤坂4-7-15 赤坂丹後ビル1・2F
  • 営業時間(小児形成外科・小児脳神経外科)
    • 月、火、金、土:10時〜19時
    • 水、木:10時〜17時
  • 定休日:日曜祝日
  • 電話番号:03-6230-9972
  • クレジットカード:利用可能
  • ホームページ:https://atamanokatachi.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。