鳥取砂丘の砂を使ったリサ・ラーソンのラクダ「とっとりのらくだ」がすごい!

リサ・ラーソンの91歳の誕生日に合わせて、夢をカタチにしたとっておきのJAPANシリーズ「とっとりのらくだ」の詳細が発表されました!!

こちらは砂を固める技術を持つ鳥取の企業とリサのコラボレーションが可能にした砂のらくだ。

もともと、トンカチのアートディレクターがテレビで鳥取県のベンチャー企業が砂を固める技術を開発したニュースを見たことからリサのヴィンテージ作品を砂で作るというアイディアが生まれ、リサ・ラーソンが1970年代に作った「KAMEL」というラクダの陶器作品が砂で作られることに。

砂といえば砂漠。砂漠といえばラクダなので、順当ともいえるチョイス。

そんな「とっとりのらくだ」ですが、原材料は鳥取砂丘エリア(国立公園外)の砂を使用しています。砂でできていますが、オリジナルのKamelの雰囲気をよく捉えていますよね。

商品は手作りで作られていること、素材の関係上目詰まりや歪みなどが発生するといった、個体の個性が出やすいのだそう。

購入後の注意事項としては、水に濡れると破損してしまうため、水回りや湿度の高い場所での使用・保管は控えた方がいいのだとか。もちろん落下等衝撃が加わると破損の原因となります。

陶器以上に丁寧な取り扱いが求められる「とっとりのらくだ」ですが、オリジナルのKAMELを持っている方は一緒に並べて飾るのも面白そうですね。

仕様

  • サイズ:W20×H18.5×D8cm
  • 素材:鳥取砂丘の砂
    ※鳥取砂丘と呼ばれるエリアの国立公園外の場所から採取された砂を使用しています。
  • 重量:1.5 kg
  • 生産国:日本
  • 注意事項
    • 落としたり乱暴に扱うと破損しますのでお取り扱いの際は十分ご注意下さい。
    • 水に濡れると砂が剥離する原因となりますので水のかかる場所や湿度の高い場所でのご使用・保管は避けて下さい。
    • お子様が口に入れないよう十分にご注意下さい。
  • 価格:49,500円(税込)
  • 出荷予定時期:2022年10月中旬以降
  • 販売場所:トンカチストア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。