運転免許証の更新時期。オンライン講習が出来るようになって便利になった反面、免許センターでの手続きが予約必須になり一進一退

今年は運転免許証の更新の年。ぷくおの済む千葉県では、幕張か流山の免許センターに行くか、警察署で更新が可能となっています。

警察署は近くて便利なのですが、顔写真を用意する必要があること、平日しかやっていないこと、そして更新手続きと免許証受け取りの2回足を運ばなければ行けないのが面倒で、いつも幕張まで行っていました。

ところが、更新のお知らせハガキを見ていたら講習が事前にオンラインで出来るようになっているではありませんか!

事前講習をしておけば、免許センターでは更新の申込と視力検査などを行えば済むんだとか。

オンライン講習を受講してみた

これは便利!ということで、早速マイナンバーカードを手元に置いてオンライン講習をやってみました(オンライン講習は更新手続き期間内のみ可能)。

申込サイトから画面の指示に従いマイナンバーカードをスマホで読み込ませた上で受講者情報登録→受講手順の確認と進み、いよいよ約30分のオンライン講習となります。

講習ビデオは3つのパートから成り立っていて、各パート終了時に簡単なクイズと顔写真を撮影・送信することで、本人が受講していることを担保しています。

ビデオ講習の後はオンライン講習についてのアンケート画面が表示されます。こちらは必須項目なので間違えて画面を閉じないように。

アンケートの回答も終えると、受講者状況確認画面に講習終了と表示されて事前の講習は終了。

講習後、早速免許センターに行くも…

その後、昔の感覚でさっと免許センターに向かったのですが、土曜日はお休みというのをすっかり見落としていて呆然となりました。

さらに、休館日を確認するために再度更新通知ハガキを見てみると、なんと2023年12月10日以降は免許センターでの更新手続きは高齢者を除き更新手続きの予約が必要になったんだとか…

早速、ハガキに書かれていたQRコードを読み込み予約画面を開いてみると、日曜日で空いている最短は2週間後。

今までみたいに気軽に予定が空いている日に行けなくなってしまったのは非常に不便。

また、今回は物珍しさと免許センターでの時短を狙ってオンライン講習を行ってみたものの、考えてみれば顔写真撮影から免許証作成の時間を考えると、講習をその場で受けなくて良いだけで、結局は30分近く待たされるのではないでしょうか…

いっそマイナンバーカードとの統合をもっと進めて、視力情報は各自が受ける健康診断の情報を参照してもらい、オンライン講習を受けたらそれだけで運転免許証講習終了となれば良いのに。と思ってしまった、2月の土曜昼となりました。

免許センター一発試験地獄絵図: 取るなら合宿!

免許センター一発試験地獄絵図: 取るなら合宿!

旅する漫画家Shimi
0円(03/01 20:08時点)
発売日: 2020/01/04
Amazonの情報を掲載しています

オールカラー 普通免許<まるで本試験! >問題集

長 信一
583円(03/02 11:53時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です