革靴にカビが発生! M.MOWBRAYモールドクリーナーでメンテナンス

ついついメンテナンスを怠りがちなシューズボックス内。ぷくお妻より革靴にカビが発生しているとの報告を受け、カビの除去と防止のため、M.MOWBRAY(エム モゥブレイ)のモールドクリーナーを購入。

このクリーナーは除菌力が高い有機ヨードが主成分で、カビの表面を覆っている細胞膜を壊して除菌するスプレーとなっています。

また、下記の通りモールドクリーナーを使用した実験によると、スプレーした場合のカビ発生防止も期待できるとのこと。

シューズメンテナンス

主に発生したのはぷくお妻側のシューズボックスですが、写真を撮る前に布でカビを拭い去られてしまいました(汗

慌てて自分側のシューズボックスを探したところ、カンペールのスニーカーにうっすらカビが生えています。

ブログ映えしないカビ量ですが、シューズボックス・シューズの大掃除なので合わせてこのカビを退治したいと思います。

まずは手始めにカビを乾いた布でカビの胞子を除去。もちろんそのまま他の靴に布を再利用するとカビを撒き散らすだけになるので、すぐにゴミ箱行きとなります。

続いて、モールドクリーナーを40cm以上離して薄く全体にスプレーし、布で表面を軽く吹いておきます。

カビは見えないところに潜んでいるので靴の中にもモールドクリーナーをスプレーして終了。

あとは5日〜7日風通しの良い日陰で保管するだけとなります。

カビの量がもっと多い場合はモゥブレイ サドルソープなどの革用洗剤で靴をクリーニングする方が良いそうですが、今回はそれほどの量でもなかったのでモールドクリーナーのみで終了としました。

また、シューズボックスの中も掃除した上でモールドクリーナーを吹きかけておきました。最初はアルカリ電解水の「セスキの劇落ちくん 泡密着スプレー」だけでカビ菌も除去できると思っていましたが、調べてみるとカビ菌は多細胞でできていることと胞子で守られていることから、アルカリ電解水では太刀打ちできないとのことでした。

これでしばらくは安泰だと思いたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です