2020年のクリスマスケーキは

Λ特にこれといった盛り上がりのないまま迎えたクリスマス。

イブは近くのコージーコーナーで買ったケーキを食べてました。で、クリスマス当日は表参道に行く用事があったので、原宿駅近くのローラズ・カップケーキさんに立ち寄ってきました。

表参道の原宿駅近くにある銀だこ横の道を進むと、ちょっと秘密基地のような静かな場所に様々なお店が入ったカスケード原宿があります。

B1(といっても地形の関係で、裏手側道路レベル)には本格的なメキシカンダイニングが入っていたり、ミラノの老舗ピッツェリアの日本初店舗など、気になるお店が色々入っていそう…

ちなみに今回のローラズ・カップケーキはロンドンで愛されているお店ということで、世界中の美味しいお店が集まっている建物なのかもしれません。

ですが今日はカップケーキを買って真っ直ぐ帰宅する為、残念ながらそれらのお店に行くことはかないませんでしたが、機会があれば是非行ってみたいお店ばかりでした。

こちらが目的のローラズ・カップケーキ原宿。カップケーキ人気は一時期より落ち着いたとはいえ、どんどんと人が店内に入っていくのを見るとこちらのカップケーキに期待が高まってきます。

イートインも可能になっているので、普段の混み具合がどの程度かわかりませんが、ちょっと喧騒から離れたこのお店でのんびりするのも良さそうです。

買ってきたもの

ちょうど今日はクリスマスということもあり、販売されているのはカラフルで可愛いクリスマス仕様のカップケーキばかりでした。

抹茶やロイヤルミルクティーは無かったので、店員さんに味を聞きながら(といっても基本的にバニラとチョコレートで、あとは着色料によって色が違う感じ)4つほど購入してきました。

紙袋も可愛い感じ。友人宅のパーティーなんかに持っていっても喜ばれそうですね。

ボックスも紙袋と同じテイスト。

こちらが購入してきたカップケーキ。左上はクリスマスとは関係ないそうですが、お店で一番人気のレッドベルベッド。他はサンタクロースとかクリスマスツリーといった、見たままの名前がつけられていました(笑)

レッドベルベッド

まずは一番人気だというレッドベルベッドから食べてみます。上にはチーズクリームが絞られていて、下にはココア・チョコレート入りのスポンジ。

カップケーキの中は鮮やかな紅色のスポンジ。しっとり濃厚なチーズクリームとさっぱりした甘さのスポンジが美味しくて、人気No1というのも頷ける味わいでした。

クリスマス・ツリー(チョコレート×バニラ)

ツリーは鮮やかな緑色の笠が特徴的。いったいこれは何?と思いきやバニラを着色したものなんだそう。そこに飾り付けとして銀色のアラザンや星型が可愛いチョコレートが乗ってます。

チョコレートスポンジはふんわり。バニラはしっとり&しっかりした舌ざわりです。写真を見てもらえば分かる通り、バニラというよりチョコレートのような密度感があってちょっと驚いてしまいました。

見た目が派手な色なので、味はきっと海外カップケーキならではの激甘。かと思いきや、程よい甘さで紅茶とよく合う美味しさです。

ジンジャーマン&キャンディーケーン(チョコレート×ストロベリー)

かわいいジンジャーマンと星型チョコが乗ったカップケーキ。お味はというと…

スポンジはしっとりした甘さが魅力的なプレーン。そして上に乗っているのがストロベリーのはずが、味わいはどこか懐かしいホワイトチョコレートの甘さ。なんだろうと思っていたら、ぷくお妻が見つけてきた答えはブルボンのホワイトロリータ。

一度ホワイトロリータの味が思い出してしまうと、それ以降はカップケーキ型になったホワイトロリータを食べている感覚になってしまいました(笑)  そんなわけで、我が家では一番の不人気ケーキとなってしまいました。

サンタクロース(チョコレート)

サンタが可愛いカップケーキ。味は見た目通りチョコレート。なんですがお腹が一杯になってしまったのでこちらは明日食べることにします。

食べたら感想を追記したいと思います。

→追記

こちらのサンタクロースは、スポンジも上のクリームも両方ともチョコレート。食べたのは購入翌日だったので少しぱさついてしまいましたが、オーソドックスな味わいと笠の部分の少しだけ濃密なチョコの味わいがマッチしていて美味しかったです。

それと、上に乗っているサンタクロースのお菓子がメレンゲ製?のようでサクサクとしていたのも甘過ぎずに好ポイントでした。

まとめ

元々はマグノリアベーカリーが表参道にあったな。ということで探しにいったものの、3年も前の2017年に閉店していました。そんな中、検索で出てきたのが今回のローラズ・カップケーキ。

なんですが、同じカップケーキでもアメリカンな濃厚な甘さのマグノリアベーカリーと違って、ローラズ・カップケーキは見た目こそ「何を使って着色したの!?」と思わせるカラフルな色合いですが、味は甘さ控えめ(マグノリアベーカリー比)なので、より日本人に受け入れられそうだと思いました。

今回はクリスマス限定バージョンばかりだったので、次回は通常メニューも食べてみたいと思います。

最後に価格ですが、購入したクリスマス仕様のカップケーキはどれも600円(税別)。レッドベルベッドは490円(税別)となっています(全てレギュラーサイズ)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です