ESRのUSB-C – Lightningケーブルを買ったり、台風襲来に向け植木の手入れ

先日千葉を中心に大きな被害を出した台風15号。それよりもはるかに暴風圏の大きい台風19号がやってくるということで、昨日は夜まで庭木の手入れなどをやっていました。

台風15号による被害@ぷくおハウス

今回は玄関横に植えられているコニファーと庭の隣家との境に立っているコニファーの手入れ。特に玄関横のコニファーはいつの間にかまたボリュームがアップしていたので、少しでも風の抵抗が無くなるように新芽の部分+αを刈り取り、さらに密集した枝を少し間引いてみました。

また隣家近くのコニファーは、前回幹を切って高さを抑えたはずがいつの間にかまた背が伸びていたのでこちらも70cm程度カット。

また、外に出しっぱなしにしていた4つのブルーベリーも玄関に指南しました。その他吹き飛ばされそうなものを順次家の中に入れ、無事に19号を乗り切りたいと思っているぷくおです。

そんな中、USB-C端子しか備えていないMacBook ProでiPhoneの充電ができるようESRのUSB-C – Lightningケーブルを購入してみました。

パーッケージはシンプルにまとまっています。

こちらはその名の通り、USB-C端子とiPhoneやiPadで使われているライトニング端子を繋ぐケーブル。安心のMFi(Made for iPhone)認証も取れているということ、曲げ・差し込みに強いということ、そしてなによりケーブルが絡みにくい「編み込み式」のケーブルとケーブルをまとめるケーブルタイ(ゴム製)が付属しているのが特徴となっています

使ってみると、純正ケーブルのような絡まりは全然ないし、ケーブルを束ねておくケーブルタイも便利。そして何より今までUSB-C – USB-Aアダプタをかまさないとデータ転送・充電ができなかったのがケーブル一本でできるようになったのが嬉しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です