【カメラバッグ】マンフロット NEXT コンパクト バックパックを購入

通勤でも使えるコンパクトなカメラバッグについて悩んだ結果、マンフロット NEXT コンパクト バックパックを購入しました。
 
決め手はデザインと重量。
エレコムのものは少し材質が安っぽく見えてしまったこと(あくまでネット画像でですが)、Enduranceは重かったこと1.27kgと通勤には少し向かなそうなデザインだったこと。
 
これに対してマンフロットのバッグはデザインも落ち着いていて、重量も790gと軽量だったのが大きかったです。
 
Amazonからあっという間に到着。
FullSizeRender
 

ぷくおハウスの室内灯は全て電球色なので、少し温かみのある色になっていますが、バッグを取り出すとこんな感じです。

FullSizeRender
 

右側面

FullSizeRender
 

カメラを横に置くとこんなサイズ感になります。

FullSizeRender
 

お弁当箱とサーモスの水筒(350ml・高さ16.5cm)を入れてみると

IMG_9864
 

こんな感じで余裕で上部気室に収納出来ました。

FullSizeRender
 

こちらが下の機材室。

IMG_9865
 

カメラを入れるケースはまるごと取り外すことができます。

FullSizeRender
 

カメラケースを取り外し、内部のマジックテープで三辺がくっ付いている仕切り板を外すと深さは44cmの空間となります。

FullSizeRender
 

前面側には書類などの薄い物を入れるスペースがあります(深さ34 x 幅24 cm)。

FullSizeRender
 

上部気室の背面側には深さ15cmほどの小物入れスペースが2つあります。

FullSizeRender
 
右側面上部には独立したタブレット収納スペースがあります(25 x 2 x 20 cm)
FullSizeRender
 

こちらは前面の収納スペース。ハンカチなどの小物を入れるのにぴったりです。

FullSizeRender
 
続いて、カメラケースに収納してみたところ。
とりあえず手持ちの機材を入れてみます。
FE 100mm F2.8 STF GM OSSを装着したα7Ⅲと、キットレンズのFE 28-70mm F3.5-5.6 OSS が余裕で入ります。

キットレンズは左下のスペースでも入りましたので、もう1本右側に入れることも可能ですね。

FullSizeRender
 

落下防止用のベルトを通したところ。

FullSizeRender
 

感想

思っていた以上に収納スペースがあって驚きましたが、通勤でも使うことを考えるとペンや名刺、ティッシュ、イヤホンなど、様々な小物を入れるスペースがあるのは嬉しいですね。
 
また、荷物を結構入れてもリュック型なので重さをそれほど感じずに済むのも良かったです。
 
実際に通勤で使ってみると、カメラケースが入っているとバッグの厚みがあるので存在感はあります。
 
今回悩んだ他の製品と違って、マンフロットのものはカメラケースも衝撃を吸収する厚みがある上に、バッグの背中部分にも厚みがあるので仕方ないかもしれないですね。
 
その分衝撃に強いということで安心して使いたいと思います。
 
また、欠点としてはカメラが取り出しにくい点が挙げられます。
背面収納ということもありますし、チェストベルトが無いので腰に引っ掛けてスケッチ用の画板のようなスタイルで取り出しができないこと、また側面の剛性が弱いためジッパーが開け閉めしづらいといった理由で、カメラを出し入れするときはどこか水平なところに一度下ろす方が早いし安心でした。
 
例えばアウトドアフィールドなどで、カメラを出しっ放しにしているとぶつけたりする可能性が高く、頻繁に出し入れする必要がある場合には不向きだと思います。
 
ぷくおの使い方は会社帰りや休日の移動時の収納なので問題ないですが、使用用途をイメージしないと不便だと感じる可能性も高そうです(逆に少し治安が不安定なところでは、気づかぬうちにカメラを抜き取られる心配が無いので安心とも言える)。
 
とりあえずぷくおにとっては買って良かったバッグでした。
 
 

 

関連記事

 
 

にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器情報へ
にほんブログ村

 

クリックして頂くとブログ村のランキングポイントが入ります。応援よろしくお願いします!

毎日たくさんの応援クリック本当にありがとうございますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です