コストコでmascotのビギナーズホームメイドカレースパイスを買ったら思いの外美味しかった!

東京オリンピックの延期も決まり、小池都知事が東京をロックダウンする可能性に言及するなど不穏な雰囲気の出てきた今日この頃。

少しでもロックダウン実施時に慌てないようにとコストコで比較的賞味期限の長いレトルト食品や野菜類、トイレットペーパー(こちらは1家族1つまでになっていました)を購入してきました。

そんな中見つけたのが、手軽におうちで本格的なカレーが作れるスパイスセットというmascotの「ビギナーズ ホームメイドカレー スパイスセット」。

セット内容はカレーパウダー、ガラムマサラ、クミンシード、シナモンスティック、ローレルとなっていて、1回あたり2〜3人分のキーマカレーが作れる材料が4回分入って748円でした。

スパイスセット以外に必要な材料はひき肉(合挽き)200g、玉ねぎ(みじん切り)300g、しょうが(すりおろし)小さじ1、にんにく(すりおろし)小さじ1、バター10g、トマト(粗みじん切り)200g、サラダ油、チキンブイヨン(コンソメ1個でも可)1本、水200ml、塩小さじ1/2〜となっています。

玉ねぎとトマトをカットするだけでほぼ準備完了。

作り方

1. 鍋にサラダ油とクミンシードを入れ、弱火で気泡が出てくるまで炒めます。その後、玉ねぎを加え、弱めの中火できつね色になるまでじっくり炒めます。

きつね色になるまでの目安は10分程度と書かれていましたが、中火が弱すぎたのか、このぐらいの色が付くのに20分近くかかってしまいました。本当はもう少し色をつけたかったのですが、お腹がすいてきたので切り上げて次の工程に入ります。
2. しょうが、にんにくを加えて2〜3分炒め、バター、トマトを加えさらに2〜3分炒めます。炒めていくとどんどんと美味しい香りが立ち上ってきて料理をしてる感が出てきます。

 

3. ひき肉とカレーパウダーを加えて軽く炒めます。カレー粉が入り、いよいよカレーっぽくなってきました。

4. チキンブイヨン(今回はコンソメで代用9、ローレル、シナモンスティック、水、塩を入れ、中火で15分煮ます。

重たい蓋で素早く煮込めるのが特徴のSTAUB鍋ですが、水分を飛ばさないとキーマカレーにならないので、蓋をしない状態で煮込んでいきますよ。

5. かなり水気がなくなった頃、ガラムマサラを加え、塩で味を整えて完成!(食べる際にシナモンスティックとローレルは取り除きます)

玉ねぎをきつね色になるまで炒める工程と、水分を飛ばす工程で時間がかかりましたが、作業自体は結構簡単にできたキーマカレー。気になる味ですが、想像以上に本格的な味わいで、様々なスパイスの影響か心地よく汗ばみながら食べることができました。

スパイスの効いた本格的なカレーなので小さな子供だと食べられないでしょうが、残っているスパイスを使い切った後もリピート買いしたいスパイスセットでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です