約20年ぶりにオリーブの植え替えを実施。長年ほったらかしになっていた根っこは…

気がつけば大学生の頃に購入したオリーブの木と共に暮らすようになって早20年。ろくに肥料もあげず、適当に水まきだけする環境にもめげず、無事に生き抜いてきました。

もちろん、鉢の植え替えなんてのもしたことがなく…

素焼きのテラコッタ鉢も流石に雨風に晒されてかなりボロボロだったこともあり、ついに重い腰を上げて植え替えすることにしました。

とはいえ、すでに大きな鉢に植わっているのでこれ以上大きい鉢にすることは不可能。ホームセンターで同じぐらいの大きさのテラコッタを見つけたので購入。

こちらが植え替える前のオリーブの木。

土の表面に敷いていたウッドチップをこれまた20年ぶりに取り除くと、今まで見ていなかったのがかわいそうなぐらい土が痩せて根っこばかりになった根本があらわに。そしてこの鉢の風合い。かなりの歳月を感じさせます。ちなみに写真左側に開いた小さな穴は、植え替えのために移動している際に開いてしまったもの。なんとかギリギリまで持ちこたえてくれていました。

いつも通り一気に根元を引っこ抜いて、腐ったり枯れた根を取り除き、新しい鉢に植え替え。なんて思っていたら、長い年月の間に素焼きの鉢に根毛が入り込んでしまったらしく、全然抜けません(汗

古い鉢はそれなりに風情があるので寄せ植えなどで再利用しようという目論見は消え去り、金槌で叩き割って剥がすしかない状態でした。

さて、取り出した根元は根がぎっちり詰まっていたのと、鉢の形状が違う(古い方は上部が一回り広がっていた)ので、根を少し崩して古い土を落とすと共に、根の間引きも実施しました。幸いなことに、オリーブの木によく住み着くコガネムシの幼虫や腐ったり枯れた根は発見できず。もっともこれだけギチギチに密集した根だからこそ虫がいなかったのかもしれません。

崩した根が単純に押しつぶされないよう、オリーブを揺りながら土を加えていったのがこちら。根本が綺麗に蘇りました。

多少根を切ったりしたので、続けて枝も軽く剪定して終了。

しばらくの間は日陰で落ち着かせた方が良いということなので、1週間ほどしたら定位置に戻そうと思います。

GWからやろうと思っていたオリーブの植え替えは、なんとか5月中に実施することができました。とにかく、20年間耐えてきたオリーブはすごいですね。これからはもう少し頻繁に、鉢はこのままだとしても一度取り出して根元を更新するようにしたいですね。

植木鉢 大型 テラアスタ アダラ XL 21号

植木鉢 大型 テラアスタ アダラ XL 21号

21,000円(06/13 20:46時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です