リビング映画館化 設計編

さて、買ってしまった電動スクリーンがこちら。絶望的なほどの長さと重さに、やってしまった感ありあり。

でももう引き戻れないので、取り付ける方法を考えてみましょう。

プラン

特に天井補強を施していないぷくおハウス。このままの状態で20kgのスクリーンを吊り下げることは到底不可能。ということで、DIY界隈で人気の2×4材を利用することに。

調べてみると、木材を床〜天井に対して突っ張り棒のように設置すると1本あたり20kgの耐荷重があるんだとか。

ということで、まずはこちらの2×4アダプターを買い物カゴにin。

これで新たに立てた柱にスクリーンを取り付けられる。のだけど、リビングで設置したい場所(というかここしか設置できない場所)は窓側スペースで、その窓は3m以上の幅があるため、単に設置するとこんな感じで窓のスペースを思い切り邪魔してしまうことに。

これでは妻に怒られるし、何より自分でもダサいとしか思えない。理想は、この両脇の柱を思いっきり壁に寄せて、梁をかけてそこからスクリーンをぶら下げる方法。絵にするとこんな感じ。

写真の都合で上が切れてしまっているけれど、梁はカーテンボックスと同じ高さにして、極力視界の邪魔にならないように。そしてスクリーンは使わないときは電動で収納。これならかなり良さそうですね。

詳細を煮詰めてみる

昔持っていたCADソフトがOSのアップデートで動かなくなってしまっていたので、仕方なくイラストレーターに実寸サイズで柱やスクリーンなどを書き込んでシミュレーション。


分かりづらいですけど、水色が窓。その下にライトグレーのカーテンボックスがあり、その手前に1×4の梁。両脇に2×4の柱。黒いのがスクリーン。そこから下に伸びている線が中心線。右の緑の四角がエアコンで、左上の方がコンセント(右上にも見えづらいけどコンセント)。

これが右上部分を拡大したところ。見てもらえば分かる通り、エアコンとの隙間がギリギリ。本当は2×4の梁を使いたかったのに、これがネックで1×4の木材にせざるを得ない。もっと技量があれば金属の梁にしたかったぐらい。

こちらが左上の拡大部分。さっきのエアコンもきつかったけれど、本当にきつかったのがこっち。

というのも、電動スクリーン20kgに耐えられる木材は?ということで木材の強度を調べてみたら、こんな耐荷重計算ツールを公開しているサイトを発見。

でもこれで木材の大きさを入れて計算してみた限り、1×4はおろか、2×4でも20kgを長さ3.5mの梁にぶら下げるのは不可能っぽい。

とはいえ、この計算ツールや強度計算例を見ても梁の全体にわたって荷重がかかっている場合か、梁の中央に荷重がかかっている場合しか載っていないので詳細が分からない。

なので、梁にかかる荷重を少しでも減らすことを考えて次に買い物カゴに入れたのがこちら。

これは棚受け金具で、なんと長さが400mm、耐荷重が80kgと頼もしい一品。これを両脇の柱につけると、右側はスクリーン下にまで金具が伸びることに(茶色の梁の下にうっすらグレーの色がついていると思いますが、こちらが金具)。

左側も、スクリーン近くまで金具のサポートが来ています。

これならなんとかなりそう!!! 

なお、スクリーン自体はこのイラストに書いてあるようにスライド用の溝にボルト式の接合金具を2個入れて、壁/天井につけたL字型ブラケットに取り付ける形。

なので、梁への負担がなるべく少なくなる位置にボルトを移動させることが可能っぽい。

さらなる安心を

とは言っても落ちてきたら一大事の電動スクリーン。さらなる安心を求めて考えたのが、スクリーン左側の金具サポートが仕切れていない部分に、金属板をつけて強度をアップさせること。

楽天市場で見つけ出したのがこちら。

幅が38mmと1×4材の89mmに比べたら小さいものの、これを付ければ梁の強度アップになるんじゃないでしょうか。もしもこう言ったのに詳しい方がご覧になっていて、間違っている!と思った場合は早急にコメントいただけると嬉しいです。

その他準備

今は地を這っているスピーカーの配線や、もしかしたらTVとソファの位置を逆転させるかもしれないと言った計画に備えて、スピーカーケーブル、TVケーブル、LANケーブルを準備。

これらを柱や梁の裏側に配線しておくことにします。さらなる補強策はあるものの、とりあえずこんなものでいいかな。ということでそれぞれ注文。

毎日のように届く商品にぷくお妻も呆れ顔。でもしょうがない、37インチのテレビじゃ満足できないんだから。

と思いつつ、壊れたパナソニック55インチテレビに電源ケーブルをつなぎ、スイッチを入れたら映った…
しかもしばらく使ってても電源が勝手にON/OFFするといった変な挙動も出ない…

もうスクリーン届いちゃって後戻りできないのに(涙) 今は元気にリビングでKidsYoutubeを垂れ流しています。あの不調はなんだったんだろう…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です