イレブンオートキャンプパークのカナディアンコテージ1の詳細紹介。

約1年ぶりに子供と楽しんできたイレブンオートキャンプパーク。今回は昨年泊まったヴィラ・カズサより小さくお手頃価格となるカナディアンコテージ1に宿泊してきました。

約1年ぶりのキャンプはまたもイレブンオートキャンプパークへ。

キャンプ場ホームページでは紹介しきれていない内部のレイアウトや備品などを紹介します。これから行く人の参考になりますように。

カナディアンコテージ1外観

カナディアンコテージ1はテントサイトと多目的広場の間に建っていて、かなり落ち着いた環境で過ごすことができます(地図の中心から少し左上の赤く塗りつぶされたところ)。

カナディアンコテージ1はこんな感じでこじんまりとした可愛らしい建物です。目の前の駐車場には1台停めることが可能で、2台で訪れた場合は残る車は管理棟横の駐車場に駐車する形となります。

コテージの玄関前には屋根付きのウッドデッキがあります。ぷくおは夕食をここで食べたのですが、懸念していた蚊をはじめとする虫は全然いなくて、念のために持っていっていた最強蚊取り線香「パワー森林香」は使わずじまいでした。

カナディアンコテージ1 内部

内部に入り、玄関側はこのように暖炉、ダイニングテーブル、キッチン、布団の入ったタンスとなっています。

奥側を見ると、写真では見切れていますが左側の壁に壁掛けの46インチ程度のテレビ、ソファベッド、ロフトに上がるための階段(これは収納状態で、使う時はずらします)、右奥にトイレ、洗面所とお風呂となっています。

ロフトはこのようにかなり天井は狭めですが、コンセントがあります。またリビングにシーリングファンがあるので、エアコンをつけておけばそこまで熱がこもらないのではないかと思います。

1階に戻って、こちらが洗面所兼トイレ。洗面所は必要最低限で、顔を照らしたり手元を照らすライトがないのがちょっと残念でした。また排水口には落とし物キャッチャーがないので、コンタクトレンズや指輪等をされている方は注意が必要です。反面嬉しかったのはトイレがウォシュレットだったことでしょうか。

ヴィラ カズサに比べて一番の落差を感じたのがこちらのお風呂でしょうか。ちょっと古いビジネスホテルの浴槽のような狭さ(洗い場があるのはマシですが)で、かつお湯が自動お湯張機能はありません。一応シャンプーとボディソープは備え付けがあります。

お風呂のことを考えると、車で10分程度で到着する大江戸温泉君津の森に行ったほうがいいのですが、日帰り入浴は11時〜20時で最終入場は19時までというのがネックですね。

台所周り(キッチン用品)

続いてキッチ周りです。キッチンには2口のIHコンロがあります。また、流しにはスポンジとヤシノミ洗剤の食器洗剤が置かれていました。

さらに、冷蔵庫とその上に電子レンジが、ラックには炊飯器とトースターがそれぞれ置かれています。

調理器具としてはヤカン、フライパン、小さい鍋、大きめの鍋、ザルがありますが、ボウルはなかったのでホットケーキ等を計画されている方は、鍋で代用できないことを考えて持参されたほうがいいかもしれません。

続いて包丁とまな板はこのように包丁2本、まな板が大小2つ揃っていました。

調理道具はこちら。フライ返し(ちょっと柔いけど)、おたま、菜箸、へら、ピーラー、キッチンばさみ、トングなどが揃っています。

スプーン、フォークはありますが、お箸は持参となります。

お皿類がこちら。必要十分と言ったところですが、大きめのお皿(右下)があるのがちょっと嬉しかったです。

続いてコップ。こちらはマグ、コップ、ビールむけのグラスがあるので十分といえそうですね。

今回泊まって苦労したのが洗った食器類の感想場所。ヴィラカズサでは自動食洗機があったのでそこで乾燥させることが可能でしたが、カナディアンコテージ1には自動食洗機はおろか、台所も小さめなのでタオルをダイニングテーブルの上に広げて食器を乾燥させる必要がありました。次回行く時はスコープおすすめのエジプトタオルを絶対に持っていこうと思います。

その他持参が必要なもの

事前に聞いていて持参してほしいと言われたものは次のとおり。

  • タオル
  • 歯ブラシ・歯磨き粉
  • お箸

その他、キッチンペーパーやティッシュ類、食器を洗った後吹き上げるため/並べるためのタオルもあると便利だと思います。

感想

昨年泊まったヴィラ カズサと違って建物紹介をするにも若干テンションが上がらなかったのは事実ですが、カナディアンコテージ1はレギュラーシーズン・トップシーズンともに1泊25,300円(+施設使用料が大人1,100円/泊、子供550円/泊かかります)と、ヴィラカズサの52,800円の半額だと思えば許せるでしょうかね。

ただ、個人的にはより広い床面積と大きなお風呂、キッチンを備えたカナディアンコテージ2(30,800円)がイレブンオートキャンプパークにあるコテージではベストのように思えました。

  • カナディアンコテージ1の面積は室内が33㎡、テラスが8㎡で定員5名
  • カナディアンコテージ2の面積は室内が65㎡、テラスが10㎡で定員10名
  • ヴィラ カズサの面積は室内が127㎡、テラスが40㎡で定員2家族8名

コテージ3つの面積を比較すると、ヴィラカズサのテラスの方がカナディアンコテージ1の室内よりも広いことに驚かされます(笑)

今回は子供と一緒にソファーベッドに寝てみましたが、最初横になった時はソファーベッドならではの凸凹感が気になったものの、翌朝特に体の一部が痛いといったことはなく、快適に寝ることができました。

また、チェックイン時間はコテージは15時、チェックアウトは10時となっていますが、電話で確認したところ場内施設(遊具等)は14時から利用可能とのことでした。次回行ったときにはてるてる坊主を作って晴天祈願をした上で、釣りや近くを流れる小櫃川(おびつがわ)で遊んだりして、キャンプ場を満喫したいと思います。

今回紹介した施設のある場所

  • キャンプ場名:イレブンオートキャンプパーク
  • 場所:千葉県君津市栗坪300
  • 電話:0439-27-2711
  • 敷地面積:5万㎡
  • サイト区画数:120区画
  • サイトあたりの面積:120㎡
  • 場内設備:お湯の出る炊事場、シャワートイレ、温水シャワー、ランドリーを集中させたサニタリーハウス、管理棟、売店、バーベキューガーデン、ピザ窯
  • ホームページ:https://www.eleven-camp.com
絶対おいしいキャンプごはん

絶対おいしいキャンプごはん

ワタナベ マキ
1,320円(09/27 21:25時点)
発売日: 2017/04/03
Amazonの情報を掲載しています
なにこれ!うまっ☆ 上手に手抜き! マネしたくなる 365日キャンプ飯

なにこれ!うまっ☆ 上手に手抜き! マネしたくなる 365日キャンプ飯

ベランダ飯
1,305円(09/27 21:25時点)
発売日: 2021/11/01
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。