2021年のクリスマス。大掃除第一弾とワインくじに挑戦した1日に。

ついこの前、東京オリンピックをやっていたと思っていたら、あっという間にクリスマス。ぷくおも親戚とささやかながらクリスマスパーティーを楽しませてもらいました。

年末になるとやらなければいけないのが大掃除と買いだめ(笑)  

今年の年末に行う大掃除は、レンジ周り、風呂場、窓、照明、庭の雑草の手入れ、洗車辺りを行う予定。

今日は比較的暖かかったということもあり、洗車とレンジ周り、オーブントースター、空気清浄機のフィルター交換、そして網戸の掃除を少し行うことに。

大掃除

レンジ周り

レンジは、まずは面倒な換気扇の周りを行うことにしました。現在はレンジフード全体を覆うフィルターを使用しているので、それほど汚れていないはず…

確かに、レンジフードそのものの汚れは少なくて確実に効果はあった模様! ですが、やはりシロッコファンにはうっすらと油汚れが堆積していて、いつも通りマジックリンを吹きかけて歯ブラシで汚れを落としていく必要がありました。

とはいえ、大きな整流板や金属製のフィルターの汚れが少なかったのは楽だったので、次回も全体を覆うフィルターを使うことにします。

オーブントースター

最近気になっていたのが、ガラス窓に茶色い汚れがついて取れなくなってしまったこと。この汚れのせいでどうにもみすぼらしい感じになっていました。

ここで思いついたのが万能の「激落くん(メラミンスポンジ)」。最悪ガラスが傷ついてしまってもいいやということで投入したのですが、そのう効果は驚くべきもの。

水を含ませた激落くんで擦ると、面白いように茶色い汚れが落ちていきます! 流石にフレームについた茶色い汚れは落ちなかったものの、ガラスは一気に綺麗になり気持ちよく使用できるようになりました!

懸念していた傷もガラスなので全く問題なし。今後もトースターのガラス窓汚れには激落くんで対処していこうと思います。

空気清浄機

我が家で使用している空気清浄機はブルーエアの450というモデル。フィルターはこまめに洗ったりするのではなく、半年に一度交換するという思想で作られています。

フィルター前に空気を帯電させる装置がついていることで、細かすぎないフィルターでも汚れをキャッチし、半年使っていてもフィルターの目詰まりを起こさないというブルーエア。

ですが半年間働いたフィルターは表面にまで汚れが堆積していて、一目で交換時期だと思い知らされます。

古いフィルターを取り外し、新しいフィルターの箱に閉まってゴミ箱へ。フィルターを取り除いた空気製造機の中を綺麗に掃除し、真新しいフィルターを取り付け、フィルターの交換時期をリセットして作業終了。

ブルーエア 空気清浄機 Blue 3210 15畳 105534

ブルーエア 空気清浄機 Blue 3210 15畳 105534

20,000円(12/09 19:49時点)
Amazonの情報を掲載しています
ブルーエア 空気清浄機 Blue Pure 231 39畳 103984 グレー

ブルーエア 空気清浄機 Blue Pure 231 39畳 103984 グレー

40,755円(12/10 03:10時点)
Amazonの情報を掲載しています

網戸

庭に面した窓の網戸などは、窓掃除ついでに水をざっとかけて洗えるのですが、縦長の窓などで網戸がガラスよりも室内側についているタイプはそのようなことはできず、いつも雑巾で拭いたりするだけでした。

ここで投入したのがささっと汚れが取れるエチケットブラシde網戸掃除。

エチケットブラシ特有の倒状ブラシが、網戸の網目に入り込み、ホコリや汚れをかき取り、汚れても水洗いで繰り返し使えるエコ商品。

本来は屋外から使用するのですが、綺麗にしたい網戸は外から触れることができないため、室内側からブラシをかけます。

風向きによっては網戸の埃が室内に逆流したものの、ブラシでなでるだけで網戸についた細かい埃まで取れて便利でした。

最後に洗車

最後に洗車を1時間でささっと終わらして、クリスマス当日の掃除は終了。

年末買いだめその1

Twitterにも投稿しましたが、最近気になっていたのがシャトージンコという、日本人女性初のボルドー醸造家「百合草梨紗(ゆりぐさりさ)」さんのワイナリー。

このシャトージンコの世界観を味わってほしいという想いから、自分のところの畑ではなく購入したブドウで作られたジー・バイ・ユリグサ ブラン(白ワイン)を楽天市場で2本購入しようと思っていました。

ワインはお気に入りに登録していたものの、送料無料となる6本になるように他のワインを探そうとお店のトップページを覗いたところ、「ジンコ福袋 200本中40本は有名ボルドーセットに!」というワインくじ企画を見つけてしまいました!!!

こちらは数量限定200本のシャトージンコ2019のうち、4本はシャトーマルゴーやシャトースミスオーラフィットなどの数万円のワインが。残りの36本は7千円前後のワインが含まれるというお楽しみ企画。

★GINKGO大賞★★★★★
シャトー マルゴー 2015(通常価格275,000円)  1/200
★GINKGO特別賞★★★★
シャトー スミス オー ラフィット 赤白2本セット(通常価格66,000円)  1/200
★PAVILLON賞★★★
パヴィヨン ブラン デュ シャトー マルゴー 2018(通常価格35,800円)  1/200
★YQUEM賞★★
イグレック ディケム 2017(通常価格24,200円)  1/200
★BORDEAUX賞★
シャトー ジスクール 2017(通常価格6,600円)
シャト- カントナック ブラウン 2014(通常価格7,700円)
シャト- プリュ-レ リシ-ヌ 2017(通常価格6,600円)

元々シャトージンコ単体で購入するのと変わらない値段で、もしかしたら何か当たるかも!という淡い期待を持たせてくれる好企画、注文しない手はありません。

結局、シャトージンコ福袋と、元々考えていたブラン2本の3本を購入して満足したのでした。12月26日中の注文であれば年内に発送してくれるということなので、年末〜年始の楽しみがひとつ増えたことに。

エノテカのトレジャーハンティングも行われるでしょうし、他の福袋なども気になるところ。お財布と相談しながら、年末年始を楽しみたいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です