【カメラストラップ】ULYSSES・レザーストラップ70%グランデを購入

昨年夏に購入したSONYのミラーレス一眼・α7ⅲ。

コンパクトカメラと違って大きいので、必然的にストラップを首・肩に下げて使用しています。

使用していて気になっていたのがストラップ。しばらくは本体に付属していたストラップを使用し、途中からはカメラグランプリ2018受賞記念ということでSONYからキャンペーンでいただいたストラップを使用していました。

SONYからオリジナルステッカーとカメラストラップが到着

ところがどちらも使ってみると気になる点が出てきます。

純正ストラップの気に入った点/気に入らない点

気に入った点

  • 軽いこと
  • 薄いのでカメラバッグに収めるときに折りたためるところ

気に入らない点

  • 見た目・素材が貧弱なこと

キャンペーンストラップの気に入った点/気に入らない点

気に入った点

  • 合成皮革ながら見た目の質感が付属ストラップに比べ、かなり向上したこと

気に入らない点

  • 合成皮革のためか、柔軟性に欠けていてカメラバッグに収納しづらいこと
  • 合成皮革なので劣化が心配

ULYSSES カメラストラップ

おしゃれな本革カメラストラップといえば真っ先に紹介されるのがULYSSES。

ぷくおもα7ⅲ購入前からなんども購入しようと迷った経験があります(その時はデジタル一眼付属のストラップで満足していたり、コンパクトカメラなのでそんなに気にならなかった)。

α7ⅲ購入後、いよいよULYSSESを購入しようと思ったときに、主に一眼レフ向けに販売されていたのは肩当ての幅17mm、推奨荷重1.5kg以下のレザーストラップ クラシコと、

▲レザーストラップ クラシコ via:ULYSSES

肩当て幅42mm、推奨荷重2.5kg以下のレザーストラップ クラシコ・グランデの2種類のみでした。

▲レザーストラップ クラシコ・グランデ via:ULYSSES

クラシコでは肩に食い込んで痛そうだし、クラシコ・グランデは大仰しいので迷って純正ストラップを使う日々が続いていました…

レザーストラップ 70%グランデ

久しぶりに覗いたULYSSESのWEBサイトを見て驚いたのが、「クラシコ」と「クラシコ・グランデ」の間に位置する70%グランデという新商品が発売されていたこと。

ミラーレス一眼にとって使いやすそうな肩当て幅とおしゃれな雰囲気、

そしてULYSSES商品の従来からの特徴である柔軟性から、これだ!ということで、ようやく購入に至りました。

なお、カラーバリエーションは「ブラック」・「ネイビー」・「チョコレート」・「グリージオ」の4種類(写真左から順番)。サイズはM(装着時有効長:77〜110cm)とL(装着時有効長:83〜125cm)の2種類となっています。

開封〜取り付け、使い勝手

こちらが到着した商品。包装に貼られたシールがいいお店から購入したなという気にさせてくれます。

中には商品カタログとストラップが。今回は自分へのご褒美ということで無料ラッピングをお願いさせていただきました。

ラッピングの中にはシンプルだけどどことなくおしゃれ感の漂うパッケージが現れます。

中にはストラップ本体と取扱説明書、カメラ取り付け用の二重環が梱包されていました(丸型アイレットを備えたカメラ用のパーツ)。

カメラと並べてみるとこんな感じ。見ての通り、グリージオ(緑色)のLサイズをチョイスしてみました。

裏側はヌメとなっています(こちらは全色共通)。

まだ購入したてなので革の柔軟性もそこそこですが、それでもこんな風にカメラに巻きつけることができます。

使用感

まだメッツァビレッジで1日歩き回って使用したのみですが、身長175cmのぷくおがたすき掛けをしても十分に余裕のあるサイズ感でした。

使ってみると、視線をカメラに落とした時やカメラを机の上に置いた時の満足感は純正の比ではありません。

また、純正ストラップよりも厚みがありますが、バッグにしまう時の柔軟性なども十分で、使い勝手に問題はありませんでした。

新品の革なのでこれからさらに柔軟性が増すことが期待できること、色の変化など使っていくのが楽しみです。

今の所、なんでもっと早く買わなかったのか(といっても70%グランデは2018年9月発売ですが)と思える商品で、オススメできる製品でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です