シルバーウィークは台風に備えて木の剪定

2020年のシルバーウィークは4連休。ぷくおもカレンダー通り休むことができたのですが、子供が小さいことから新型コロナウイルス感染防止のため遠出はできず。

また、これだけまとまった時間も少ないのでこれから来るであろう台風に備え、木の剪定をしておきました。

今回剪定するのはコニファーとシマトネリコの二本。

▲前回丈を切り詰めたものの、再び上を目指し伸び始めたコニファー

▲我が家のシマトネリコは緑が濃く樹勢が強いタイプ。あっという間にモコモコになってしまいました。

コニファーの剪定

コニファーの剪定は次の手順で行いました。

  1. 枝が密集した箇所を重点的に、劣勢(近くの枝より細かったり、枝分かれしている箇所が下向きで伸び始めているところ)の枝を根元近くで剪定
  2. それでも葉が密集しているところは、一本の枝から先に向かって枝分かれしているところで左右に分かれた枝の両方(または密具合を見て片方だけとか)を剪定
  3. 頂上付近の枝を切り詰める
  4. 全体のバランスを見ながら伸びた枝を剪定
  5. 最後に内部に残った枯葉・枯れ枝を取り除いて通気性をよく

ということで、1を終えた状態がこちら。この段階だと粗密になっていてかなりバランスが悪いですね。早くも「失敗」の2文字が頭をよぎりました(笑)

どんどんと剪定を進めた結果がこちら。若干てっぺんの一部がすかすかになってしまいましたが、素人剪定的にはうまくいったと思います。

シマトネリコの剪定

続いてシマトネリコ。こちらは樹勢が強く、あっという間に枝葉が伸びるので一気に切り詰めたいと思います。

最初は細い〜中ぐらいの枝を切り詰めるだけでいいかな。と思っていたものの、それだけだと樹高が切り詰められずにバランスが悪いと感じたため、一気に主要な枝以外は切り落としました。

若干やりすぎた感じもしますが、ここまで枝葉を落とせば台風にも耐えられるでしょうし、すぐに新芽が伸びてくるでしょうからよしとしておきます。

あとは連休最終日の今日、庭に植わっているコニファーの剪定と芝刈り、ベランダ排水溝周りの清掃まで進められたら。と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です