閲覧注意 トイレのさぼったリングがきれいになった!

トイレでみすぼらしいのが「さぼったリング」。さぼったリングとはトイレ内の水面付近に出来る輪っか状の汚れで、これが付いているだけでもれなく「掃除しない人なんだな」と見られる残念なもの。

ぷくおの家には2つトイレがあって、リビングのある階は泡の自動洗浄もあって綺麗なものの、もう片方のトイレは自動洗浄機能もなく、使用頻度も少ないのでトイレ掃除をたまにやるぐらいでした。

ところがある日、さぼったリングが出来ているのが判明(涙)

リングには何種類かあるようなのですが、我が家に降臨したのは石灰質のリング。

掃除のたびに念入りに磨いてみたものの、石灰質の汚れには太刀打ちできませんでした。

そんな中見かけたのがこちらの「ピカスティック!」。

他にも薬剤でリングを溶かすと謳った商品もあったものの、磨いて落とすほうが確実だろうと思い購入してみました。

実戦投入

こちらが届いたピカスティック!。多孔質になっているので見た目以上に軽いです。

最初はこんな風な立方体ですが、説明文によると擦っていくうちに形が崩れて磨きたい場所の凹凸にフィットしていくんだとか。

さてこちらが普通にトイレ用の泡タイプのクリーナーで洗った後の便器(気分を害すかたがいるかもしれないので、写真は全て「写真を開く」を押した先でご確認ください)

見ての通り、残念なさぼったリングが普段の水面付近に発生しています(水の底にあるのは泡クリーナーで洗った際のトイレットペーパー)。

ここでピカスティックに水を付けながら、軽い力でゴシゴシと磨いていきます。包丁を砥石で研いでいる時に出る研ぎ汁のようなものが出てくるのと同時に、あのしつこかったさぼったリングがみるみる落ちていくではありませんか!!

磨いている途中でピカスティック!はこんな形になっていきます。これだけすぐに形が変わるのであれば凸凹にもうまくフィットしてくれそうです。

使用してみた感じ、便器を傷つけるような感じもなさそうだったので、あまり気づかない汚れが付着しているであろうさぼったリング以外の場所も軽く磨いて終了。

磨き終わった便器内がこちら。今まではトイレを使用するたびに、己のさぼった成れの果てを見てちょっと嫌な気分になっていましたが、そんな気持ちとも今日でおさらば。ピカピカになって便座の蓋を開けるたびに晴れやかな気分になります。

問題は、あのしつこいリングがいとも簡単に消えるのが楽しくて、その感触を味わうためにまたトイレ掃除をさぼってしまいそうなところ(笑)

もしもぷくおと同じような悩みを持っていたら、このピカスティック!は本当にオススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です