スコープで購入したハウスタオル、別注ティーマ到着

現在スコープさんで行われているhouse towel全品特別価格とiittala Teema 別注を注文したものが到着したのでご紹介。

scopeさんのオリジナルタオルが全品特別価格になっています

scopeさん別注のiittala Teema プレート 12cmと15cmが発売開始

house towel

今回購入したのはハウスタオル Ski ブルーのミニバスタオル(右)と、ハウスタオル 坂本龍一 特別版 アッシュ色のバスタオル(左)。

バスタオルは約1300×630mmに対し、ミニバスタオルは約1000×630mmと、幅は同じで長さが30cm短くなっています。

スコープのハウスタオルは今治タオルとなっていて、柔らかい感触が気持ちいい。

袋には「最初3回水洗い。」のシールが書かれています。これは、スコープシャチョウがメーカー社長さんから使い始めに水洗いすると目が詰まり毛羽が出にくくなると聞いたことに由来しています。

使用してみました

最初3回水洗い。は、柔軟剤を使うと緩んで毛羽が出やすくなり吸水性も悪くなることに由来しているそうなので、柔軟剤を使用していないぷくおは1回だけ水洗いして、早速使ってみました。

まず使ったのは気になっていたミニバスタオル。

スコープさんによると「頭に巻いたり肩からかけ易いように通常のフェイスタオルより20cm以上長く変更し1mとしました。ミニバスタオルは通常のバスタオルを30cm程短くした物です。幅さえバスタオルであれば拭いた感じも変わらず十分満足いく使い心地。体に巻かないんならバスタオルは短くてイイじゃないという発想です。短くなった分、洗濯量も30%近く減るのだから良い事が多いです。」とのこと。

使用した感じとしては、髪の毛の短いぷくおなどなら取り回しもしやすいですし、洗濯量も確かに減るのでいいなと思いましたが、逆に毛量の多い方にはちょっと吸水量から少し物足りない面もありそうな気がしました。

iittala Teema

スコープで現在発売されている別注ティーマは12cmのホワイトとブラック、15cmのブラックの3つ。また、15cmのホワイトはカタログ商品となっています。

今回購入したのは15cmのブラックになります。

シンプルな形と光沢のある色合いが素敵です。

スコープによると、ティーマブラックはパラティッシのブラックに相性抜群といったことが記載されていたいので試してみました。

まず合わせてみたのはカステヘルミのクリア。

続いてティーマ ドッテドグレー。

そしてこちらがティーマ ブラック。

ブラックは写真だとかなり暗く写ってしまうのですが、実際に目にするとパラティッシに描かれた黒色の絵柄と一番マッチしていると思いました。

iittala カルティオ ボウル サンド

現在のスコープは1万円以上で送料無料となっているので、後もう少し購入したい!と思って選んだのがイッタラ カルティオ ボウル 390mlのサンドカラー。

390mlサイズはヨーグルトやフルーツを盛ったり使いやすいサイズだと思います。また、サンドも存在感がありつつ食材に合わせやすいので、購入して良かったです(ほかにはクリアとグレーが売られています)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です