【新橋】ナポリピッツァランチでリフレッシュ

久しぶりにお昼時に新橋にいたぷくお。お昼だから何か食べたいものの、ここ数日の急な気温上昇が原因なのか、ちょっと食欲は控えめ。

何かいいものはないかな?と思って調べたところ、孤独のグルメで登場した「なじみ亭」の参鶏湯ラーメンが滋養に良さそう!と思ったものの、よくよく見たら18時開店でランチ営業はしていませんでした。

他にお店を探していると、豊富なワインと薪窯ナポリピッツァ専門店という「Pizzeria Terzo Okei(ピッツェリア テルツォ オケイ)」さんが良さそうだったので、訪問してみることにしました。

Pizzeria Terzo Okei

新橋駅から3〜4分のところにあるPizzeria Terzo Okeiさん。11時半過ぎにお店に到着しましたが、既に数組のお客さんが入っています。

今日のメニューはトマトピッツァがマルゲリータとシラスを使ったチチニエリ、そして本日のトマトベースがモルタデッラハムとそら豆、モッツァレラの一枚。そしてチーズベースがベーコン、アスパラ、モッツァレラの一枚と、クワトロフォルマッジのピッツァ。

気分的にはトマトベースが食べたいものの、マルゲリータはいつも食べているのでちょっと違う種類のピザが食べたいところ。とはいえチーズが食べたいので、3枚目の本日のトマトベースを注文してみました。そら豆が苦手だというのも忘れて…

さて、お願いしたTerzo Lunchはミニサラダが付いてきます。爽やかな酸味のドレッシングがかかったサラダですが、ミニというだけあって量は少なめ。

サラダを食べ終え、少しするとお待ちかねのピッツァが到着。注文時は「モルタデッラハム」というハムに気を取られていましたが、目の前にあるピッツァには緑色鮮やかなそら豆が大量に乗っています。

そら豆は初夏の味ではありますが、パサパサした食感や皮の苦味などが苦手で、正直やってしまったというのが第一印象。

ちなみに、興味を惹かれたモルタデッラハムというのはイタリアのフィレンチェの北側に位置するボローニャで伝統的に作られているソーセージで、塩味は濃すぎず、生臭さもあまりなく、やわらかい舌触りと優しい味がするのが特徴だそう。

でも今や気になるのはハムではなくこの大量に乗ったそら豆ピッツァを美味しく食べられるのか?というところ。

意を決して熱々のピッツァを食べてみるとあら不思議、全然苦手なそら豆の味がせず、大きな枝豆のような食感と味わいでどんどん食べ進められます。

ピッツァの生地は少し小麦粉の風味が弱いように感じられましたが、中はしっとり、外はカリッと焼き上げられていて美味しいです。

看板にナポリピッツァと書かれている通り、生地は薄めで持ち上げるとでろんと垂れるところとかは大昔ナポリで食べたそれのよう。

新橋駅周辺にはお店が多いので迷いますが、また新橋周辺で食事をする機会があれば再訪したいと思えるお店でした。

今回訪れたお店

  • 店名:Pizzeria Terzo Okei(ピッツェリア テルツォ オケイ)
  • 住所:東京都港区新橋1丁目15−10 長井ビル 1F
  • 営業時間
    • 平日:11:30〜14:30(L.O.14時)、17:30〜23:00(L.O.22時)
    • 土曜日:12:00〜21:00(L.O.20:30)
  • 定休日:日曜、祝日
  • 備考:ランチタイムはカード利用不可
【a】Uber Eats フード注文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。