個人的にはMacBook Proの完成形に! 「ブラックアウトステッカー」が思いの外良かった!

さて、先日200g超のプラスチックカバーをやめスキンシールのwraplusでダイエットしたMacBook Pro 14インチ。

重たいMacBook Pro 14インチ(2021)を少しでも軽く

今回はかねてより気になっていたキーボードに貼るシールのレビューです。

キーボードに保護シールを貼るなんて意味不明と思われる方も多いと思いますが、ぷくおは過去に使っていたMacBook Pro2台とも爪でキートップの塗装を剥がしてしまっているので保護したいと考えていました。

シリコンなどで出来ているキーボード全面を覆うカバーでもいいのでしょうが、放熱が悪化しそうなのと、なんかダサいような気がして、今回はブラックアウトステッカーを使うことに。

ブラックアウトステッカー

ブラックアウトステッカーは、そもそもはかなキーの表示が多すぎる(ひらがな、ローマ字、修飾文字)のを隠してスッキリさせることを目的に作られたもの。

ぷくおは今回のMacBook ProでUSキーボードを選んだため、キー自体はすっきりしているので、テカリ、傷防止目的の購入となります。

ブラックアウトステッカーPro BOS06-US

ブラックアウトステッカーPro BOS06-US

1,890円(05/28 19:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

ブラックアウトステッカーには、単純にキーの大きさに合わせた四角形のシールタイプと、少しアルファベットの形をして推測できるタイプの2種類がありますが、今回はよりすっきりした感じを出すために四角形のみの「ブラックアウトステッカーPro」を購入。

すでに少しテカリ始めているようにも思えるキーボードをしっかりと掃除し、いよいよ作業開始となります。

購入したブラックアウトステッカーはこのように四角いシールとなっています。ただ、もともとホームポジションを示唆するFとHのキーは出っ張り部分が穴あき加工となっているほか、少しだけポジションを認識しやすいよう、数字の5と0、F5とF10キーには丸穴が開けられています。

取り付けはピンセットが必須。先日のwraplusに比べれば作業の難易度は低いものの、数が多くて疲れたほか、細長いスペースキーは綺麗に貼るのが苦慮しました。

完成!

こうして出来上がったのがこちらの写真。

もともと、MacBook Pro 2021モデルはキーボードの台座が黒くなっていたこともあって、より一体感が出て格好良くなったように思います。

使用感ですが、時折シールの段差で引っ掛かりを覚えることもあるものの、シール自体がマットな質感で滑りにくいのがいいと思います。

また、キートップが隠されますが、思ったほど気にならないのも事実。商品にはキーボードの配置表の紙も同封されていますが、Macならメニューバーの日本語入力アイコンから「キーボードビューアを表示」を選ぶとこんなふうにキーボードの一覧が出せるだけでなく、シフトキー他修飾キーを押すと合わせてビューアの内容も切り替わるので便利です。

ちょっと冒険してみた今回のブラックアウトステッカーですが、特に問題となるようなこともないどころか、爪によるキーのダメージを心配する必要も無くなったので今後も買い続けようと思える商品でした。

問題は、誰かにPCを貸すときに少し迷われそう(USキーボードの時はなおさら)なことぐらいでしょうか。

ブラックアウトステッカーPro BOS06-US

ブラックアウトステッカーPro BOS06-US

1,890円(05/28 19:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

つまむ対象はシールなので、精密ピンセットなどよりも先が幅広いものの方が貼りやすいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。