【年賀状】はがきデザインキットのバックアップ。していたつもりがされていなかった(涙

皆さんはもう年賀状は出されているでしょうか。徐々に数を絞っているものの、まだ断捨離できていないぷくおです。

年末年始休暇に入ったので年賀状の準備を始めたのですが、困った事態が発生したので備忘録を兼ねて書いておきます。

はがきデザインキット

昔は市販の年賀状作成ソフトを使っていたものの、最近は郵便局が配布しているフリーソフト「はがきデザインキット」を使うことが多くなりました。

メリットは何と言っても毎年、品質の良いテンプレートデザインが多数アップされているということ。

▲はがきデザインキットに登録されている豊富なテンプレート

上の画像を見てもらえばわかる通り、シーン(友達とかビジネスとか)や写真フレーム有無、挨拶文の内容などから絞り込みができるのも便利なところ。

不便な点というと、住所管理機能がシンプルで連名が3人まで(なので5人家族は「御家族様」とかにする必要がある)だったり、住所録作成画面が拡大できず狭苦しい画面で操作する必要がある。といった点。

ですが年に一度の年賀状なのでこれで必要十分以上でした。

トラブル発生

2021年の年賀状は2020年に保存したものをベースにさっと作っちゃおう♫ と思って、2020年に保存したファイルを開いてみたものの、裏面のデザインは残っているのに大事な住所録データが全て消えてしまっていました。

調べてみると、はがきデザインキットで保存できるデータは裏面のデザインだけであって、住所録データはその中には含まれていないとのこと。(住所データをCSV形式で書き出すことはできるものの、毎年CSVで書き出しし、使うときに読み込みというのもちょっと面倒)

今まで使っていて、住所録が残っていたはずのMacはデータをバックアップし(たつもりだった)、すでに売り払ってしまっています。手元に残っているのは、毎年の裏面デザインのみ。

MacBook Pro 2018売却

▲きちんとバックアップしていたはずだった…

ではそもそも表示されている住所録はどこに保存されているか。

Macの場合

Macの場合は次のフォルダの中に保存されています(usernameは自分のユーザーネームが入ります)。

/Users/username/Library/Preferences/designKit.702840F10216893FC3494B731E825B33666733D6.1/Local Store

ユーザーフォルダ内のLibraryフォルダは隠しフォルダになっているので、ショートカットキー「command + shift + .」を押して表示させて辿っていくか、Finderのメニューから「フォルダへ移動」を選んで上記アドレスを入力すればOK。

Windowsの場合

Windowsの場合は次のフォルダの中に保存されています。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\designKit.702840F10216893FC3494B731E825B33666733D6.1\Local Store

「ユーザー名」の部分を変更してから、エクスプローラーのアドレスバーに貼り付けして移動しましょう。

保存ファイル名

このフォルダの中に「yubin10.db」というデータベースファイルが保存されているので、こちらを適宜バックアップしておきましょう。
※Windowsの場合はyubin10.db自体が隠しファイルに設定されているパターンもあります。その際はメニューの表示から「隠しファイル」をチェックして表示しましょう。

住所録データもバックアップ完了

0になってしまった住所録。昨年届いた年賀状をもとに何とか元どおりになりました(過去の履歴は消えてしまいましたが…)。

作った後は早速yubin10.dbをクラウドサービス上にバックアップ。これで来年は何かあっても安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です