2歳児との初キャンプ! はイレブンオートキャンプパークの豪華コテージで。

子供が産まれてから自粛しているキャンプ。続々と出てくる魅力的なギアに惹かれながらも指を咥えて眺めているだけでした(行けないのに買ってしまって、レビューできていないものもありますが(涙))。

先日、妻は悪阻のため自宅待機ではありますが、キャンプに行っても良いとの許可が出たので、親子2人での外泊デビューしてきました♫

せっかくなのでキャンプ好きの友人親子も誘ってのキャンプとなります。

選んだのはイレブンオートキャンプパーク

友人とは現地合流となること、また親子2人ということで、次の条件でキャンプ場を探します。

  • 自宅から2時間以内の場所
  • テント泊ではなくコテージ
  • 友人の子供が遊べる場所があること

これらを満たしていたのが千葉県君津市にあるイレブンオートキャンプパーク。ここは千葉県内における高規格キャンプ場として有名な場所。

すぐそばにあるふかふかの土と広葉樹で有名なホウリーウッズ久留米キャンプ村があり、過去に友人と2人で来たことも。そんな自分達が子供連れてイレブンオートキャンプに来るのはちょっと感慨深いものがありますね。

今回、テント泊ではなくコテージにした理由は、テントだとそれぞれ別テントを設営するため夜にトイレに行きたい場合、寝ている(であろう)子供を連れて行くのが無理だったこと。また友人側も子供が増えたため手持ちテントでは入りきらなくなってしまったためです。

キャンプに行けるスケジュールでたまたま空いていたのが別荘タイプのヴィラ コテージタイプ「カズサ」。

もはやキャンプとはかけ離れた立派な別荘ですが、キャンプの楽しみの半分はバーベキュー等の自炊なので、バーベキューグリルも用意されているヴィラ カズサに泊まることに決定。

day 1

当日は、先日お伝えした市原ぞうの国で友人と合流。その後買い出しをしてイレブンオートキャンプに向かうという流れ。

市原ぞうの国初訪問!! 近くで象と触れ合える素敵な場所でした。

本当だったら初日に木更津アウトレット集合→コストコ→君津青空ジャンボセンター or クルックフィールズ→イレブンオートキャンプ。翌日にぞうの国という流れが良かったのですが、土曜晴れ・日曜雨だったので仕方ありませんでした。

イレブンオートキャンプ近くのスーパーは、キャンプ場すぐ近くの愛彩畑、スーパーマーケットの吉田屋、スーパーマーケットのODOYAなどがありますが、今回はルート上にある吉田屋さんへ立ち寄ることに。

房総半島のスーパーらしく、何点かあまり目にしたことのない魚一匹丸ごとが販売されていましたが、全体的には規模が小さく、お肉もカットされたものばかりでキャンプ前の買い出しには向かないという印象。店内には入っていませんが、帰りに通りがかったODOYAの方が規模も大きく、色々揃っているように思えました。

さて、そんな吉田屋でカレーと焼肉・手羽先などを買い込んで車で10分ほどのキャンプ場へ向かいます。

イレブンオートキャンプへ

入場して管理棟でチェックイン手続きを行い、いよいよヴィラ カズサへ。ちなみにホームページでは15時チェックイン・10時チェックアウトと記載されていましたが、11時チェックアウトとのこと。これはたまたまかもしれませんが、翌日は雨予報だったのでやれることも限られるので嬉しいですね。

場内を移動してたどり着いた「ヴィラ カズサ」。思った以上に豪華な建物・設備に驚きです。

ホームページでは各部屋の写真のみ掲載されていてよく分かりませんでしたが、間取りはこんな感じ。

また、階段を上った先には少し低い天井の広いロフト(TV・エアコンあり)が広がっていて、大人数の時にはここでも寝られるようになっています。

屋外デッキのテーブルの上には屋根があるほか、風が強い日に風除け・雨よけとして使えるビニールカーテンも備わっています。そしてその先には池とテントサイトが広がる贅沢さ。

なお、ヴィラ カズサでは焚き火禁止となっているほか、建物内に暖炉といった設備はないので、火を楽しみたい方はテントかカナディアンコテージをご予約ください。

場内散策

建物内の探索をした後は遊びに出かけます。友人の子供はラジコンを持ってきたのでラジコンコースへ。

まだよく分からずとにかく歩き回りたいぷくおJrはラジコンコース横の「鯉の釣り堀」にいたアヒルを眺めてから、場内のテントサイト散策へ。

場内にあった無料薪コーナーは午後4時半の時点で完売。

炊事場は屋根があって快適そう。トイレは普通な感じでしたが、ウォシュレットなのが個人的にはポイント高かったです。

遊び場としては、クライミングウォールは使用中止中で、大勢の子供たちが卓球台やブランコ、トランポリンなどで遊び賑わっていました。

夕食

今回は子供中心のキャンプだったので、手間暇かかる料理はせずにメインはカレー。さらに焼肉・手羽先をグリルで焼くというスタイル。

料理のお供のお酒は、友人はビール。ぷくおはノンアルコール当番にしました。なので先日コストコで格安の428円で手に入れたノンアルコールスパークリングで乾杯。

安いのにちょっとした泡感があってよかったです。一応もう一本買ってきていますが、売っているのを見かけたらまた買ってもいいと思える美味しさでした。

料理を作り始めた頃に降っていた雨も一度は上がり、テントサイトの灯りが一層映えます。

また、イレブンオートキャンプではテントだとシャワーしか使えず、お風呂を楽しみたい方は近郊の温泉に行くしかありませんが、カズサの中にはお風呂も備わっているのでお酒を飲んでしまっても大丈夫。

最後はみんなでトランプをして終了です。

day 2

2日目は朝からしっかりとした雨が降るだけでなく、冬の空気がやってきて少し冷え込む1日。

キャンパーさんたちがテントを撤収するのを時折眺めながら、こちらは朝ごはん・片付けを行い、11時少し前に鍵をフロントに返却してキャンプ(?)終了。

その後は車で30分ほどのところにある親戚の家を訪ね、昼食や柿取りなどをして帰路につきます。

本当なら木更津のホテル三日月にあるスパに行きたかったのですが、夕方の道路渋滞が怖かったので早めに移動開始。最後に千葉市内の蘭々の湯に浸かって解散。

特に怪我や病気になることもなく、無事初キャンプ(もどき)を終えることができました。

建物内の紹介はまた別途行いますが、ヴィラ カズサは高いだけあってとても快適に過ごせました。これを体験すると、テントを設営・撤収して寝袋で寝るキャンプはできなくなってしまいそうなほど(笑)

次は冬の時期に薪ストーブのあるコテージを訪れてみたいところです。

今回行ったところ

  • キャンプ場名:イレブンオートキャンプパーク
  • 場所:千葉県君津市栗坪300
  • 電話:0439-27-2711
  • 敷地面積:5万㎡
  • サイト区画数:120区画
  • サイトあたりの面積:120㎡
  • 場内設備:お湯の出る炊事場、シャワートイレ、温水シャワー、ランドリーを集中させたサニタリーハウス、管理棟、売店、バーベキューガーデン、ピザ窯
  • ホームページ:https://www.eleven-camp.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です