【改悪?改善?】ANAが国際線エコノミークラスの一部座席事前指定を有料化

ANAより2019年5月29日より2019年8月19日以降搭乗となる国際線エコノミークラスの一部運賃(予約クラスV/W/S/L/K)を対象に機内一部座席の事前座席指定を有料化することが発表されました。

 これまで事前座席指定については、運賃(予約クラス)に関わらずご購入いただいたお客様から先着順にて座席をお選び頂いていたため、通路側や窓側など比較的人気の高い座席が早い段階で埋まってしまうケースが多く発生しておりました。
 ご購入いただいた運賃(予約クラス)の価格帯に応じたサービスをご提供するために、一部の運賃(予約クラスV/W/S/L/K)を対象に、足元の広い非常口の座席や、機内前方通路側・窓側座席の一部の座席について、事前座席指定を有料化いたします。
 対象となる運賃(予約クラス)以外で航空券をご購入のお客様、ダイヤモンドサービスメンバー・プラチナサービスメンバーのお客様の事前座席指定は、引き続き無料で承ります。

気になる対象運賃例として挙げられていたのが、次の東京発ロサンゼルス行き公示運賃(2019年4月現在)。

対象座席例として挙げられていたのがボーイング787-8型機(240席使用)。
図中赤色席(非常口席に隣接する足元の広い座席)と黄色席(機内前方側の通路側・窓側座席の一部)が有料化の対象。青色席は引き続き無料。

▲左側が前方。右側が後方となります。

有料事前座席指定の概要

  1. 適用開始
    2019年5月29日以降の新規購入分から(※2019年8月19日以降の搭乗分より対象)
  2. 適用路線
    ANA国際線全路線(※エアージャパン以外の会社が運行するコードシェア便を除く)
  3. 対象
    エコノミークラスの予約クラスV、W、S、L、またはKにてANA国際線航空券をご購入のお客様 (※座席を使用しない2歳未満の幼児を除く)
  4. 料金額
    次の料金額を日本発着の国際線区間に適用(1旅客1区間片道あたり)
  5. 変更
    可能。
  6. 払い戻し
    航空会社の都合により指定座席が提供できなくなった場合を除き、不可。
  7. その他:
    ・料金及び適用条件は、事前の予告なしに変更される場合があります。
    ・ANA国際線特典航空券をご利用の場合、事前座席指定は引き続き無料です。
    ・ダイヤモンドサービスメンバー、プラチナサービスメンバーのお客様およびご同行のお客様(ダイヤモンド、プラチナサービスメンバーのお客様と同一の予約記録の場合に限る)の事前座席指定は、引き続き無料です。
    ・有料事前座席指定は座席のタイプを指定するものであり、座席番号を確約するものでありません。そのため、機材変更等により、同一の座席タイプ内でご指定いただいた座席番号が変更になる場合がございます。変更後の座席に関するご要望はANA電話窓口にて承ります。
    ・車いすをご利用の方など、ご搭乗時にお手伝いが必要なお客様の座席指定に関わるご要望については、ANA電話窓口にて承ります。
    ・国土交通省の通達により、お客様の安全を確保するため、非常口座席には定められた項目を満たすお客様のみご着席いただけます。

ぷくおの感想

LCCなどでは一般的だった、一般的に快適だと思える座席の座席指定有料化がついにANAにも及んだかというのが第一印象でした。

予約クラスV/W/S/というのは、ANAのサイト上で最も目にする割引予約クラスで、普通に旅先と日程が決まって予約する際、一番安いからという理由で予約するとあてがわれる予約クラス。予約クラスL/Kというのは、いわゆる格安航空券に該当します。

いままでそういった予約クラスで発券した方でも早いもの順で人気の席が埋まっていったのを有料制にするというのが今回の改正内容。

高い料金を支払った(もちろん座席指定以外にも上の予約クラスならマイル積算率が上がったり、アップグレードや予約変更が可能になるというメリットがあります)お客様に対し説得力を持たせるという説明にもなるのでしょうが、実質的な値上げだと思えます。

LCCなら当然と受け止めていますが、フルサービスキャリアでの話となるとちょっと複雑な思いになったぷくおでした。

情報元:ANAプレスリリース

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です