海外出張に向けてスーツをしまうコンパクトガーメントケースを購入

近づいてきた海外出張。今回はスーツが必要ということで、なるべくシワがつかずに運べるようガーメントケースを購入してみました。

購入したのはこちらのコンパクトに収納できるJampin’ Jack Journeyのコンパクトガーメントケース。

同じ会社から約1,000円安いモデルもありますが、マチが2.5cm狭いのと素材がナイロンツイルになるという違いがあります。

ぷくおが購入したガーメントケースは、普通のナイロンの7倍の強度があり、軽量ながら耐摩耗性・耐久性共に高いと言われているコーデュラナイロンの500Dを使用し、撥水性もあります。

サイズは高さ41cm、幅33cm、奥行4.5cmということで、機内持ち込み可能なスーツケースにも収納可能。

取扱説明書によると簡単にスーツをしまうことができそう!

というわけで早速開封し、試しにスーツケースをしまってみます。

中にはハンガーとパンツを折りたたむ際に使う(使い方が記載された)ボードが入っています。

こちらのハンガーが特徴的な構造となっていて、両端が折りたためるようになっています。また、ある程度厚みのあるハンガーなので肩が潰れてしまうのもある程度は防げそう。

まずはジャケットから。写真では見えづらいですが、「前面」と書かれた側を前にしてジャケットをかけます。

裏返しにし、肩口を折りたたむとこんな感じ。

さらに二つに折りたたむとジャケットは完成。

続いてパンツも足元からくるくる巻いてこの通りコンパクトに。

まずはジャケットを置き、その上にパンツを載せます。

ジッパーを閉めるとこの通り。

上の状態のままスーツケースやバッグにしまってもいいですし、下のように取っ手を出して持ち下げることも可能。ただ、取っ手を持った状態だと写真右下に写っている商品タグが逆さまになってしまうんですね。細かいところだけどちょっと気になってしまいました。

思っていたよりも良い質感なので満足しましたが、単にコンパクトに収納できるだけでシワができてしまうのか、マチの厚さをいかしてシワになりにくいのか、実施に使用したらまた感想を追記したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です