ベンツの2回目の一年点検。点検合間にレッサーパンダの風太くんに会いに行ってきました

早いものでEクラスを購入して間も無く丸2年。今日は1年ぶりにディーラーに行き、一年点検を受けることに。

点検自体は無料の範囲。ということもあって安心して車を預けたのですが、同時に新車購入後3年以内に2回まで利用可能なカーナビのデータ更新を点検予約時にお願いしておきました。

作業には3時間程度かかると事前に説明を受けていたので、今回は代車を用意してもらうことに。

ディーラーに到着し、点検を行うことの書類と代車を借りることに関する書類にサインをし、いよいよ代車とご対面。

今回割り当てられた代車は新型Cクラスの200dセダン。

早速チャイルドシートを代車に積み込み、子供と一緒にすぐ近くの動物園に向かいます。

▲フロントディスプレイ に各種表示ができるHUDも、従来の4倍ほどの大きさ。

前回試乗したCクラスワゴン同様、シャシーと足回りの出来は素晴らしい反面、やはりマイルドハイブリッドの影響か、ブレーキが意図しないように思えて少し不満を覚えます。

▲前回試乗時に試し忘れていたARナビ。Sクラスと違ってディスプレイ に視線を落とさなければいけませんが、慣れると結構便利そう。ちなみにSクラスはHUD越しに目の前の景色に重ねて表示されるんだとか!

千葉市動物公園

Cクラスのドライブを楽しむ間も無く千葉市動物公園へ到着。ここに来たのは去年の一年点検以来。

前回はモノレールを利用して来たのですが、モノレールでも車でも、どちらも展示エリアへは入場してから坂道を登る必要があるのが地道に大変。

今回、息子は少し眠かったのか車を降りてから1時間近く抱っこを要求されたこともあり、より坂道が辛かったです(笑)

さて、千葉市動物公園といえばレッサーパンダの風太くん。風太くんは先月7月15日に19歳を迎え、人間で言うと80歳以上のおじいちゃんレッサーパンダ。

▲小屋から顔を覗かせた風太くん。

今年4月には大好物のりんごを残してしまったことから、しばらく展示エリアには出ず静養していましたが、7月9日に54日ぶりに展示エリアに姿を見せてくれるようになったんだとか。

今日の風太くんは、最初は小屋の中で丸まっていたものの、しばらくするとゆっくりした足取りではあるものの、風太くんエリアの庭を一周して元気な姿を見せてくれました。

まだまだ元気に長生きしてほしいですね。

さて、風太くんをはじめとするレッサーパンダを堪能した後は、前回同様、チーターやライオン、ゾウ、キリン、カンガルーといった陸上の動物エリアを周り、続いてペンギン・アシカエリアへ足を向けます。

▲こちらは子ども動物園エリアのペンギン

ペンギンとアシカは上からと水中の両方の生態が見られるようになっていて、息子は上から見るアシカの様子が気に入った模様。

続いて半地下の水中が見られるコーナーに行くと、悠然と泳いでくるアシカの迫力に気圧されていました。

一通り見て回った後はレストランへ。カレー好きの息子だから、子供用では足りないと思い、大人用を2つ注文。1/3ぐらいは残すかと思いきや、結局1つ食べ切ってしまいました。

最後にふれあい動物の里エリアでヤギにエサをあげ、久しぶりの千葉市動物公園は終了。ディーラーへ戻り、車を受け取ります。

一年点検では、エンジンオイルやオイルフィルター、エアコン周りのフィルターやワイパーが交換となった他、ブレーキフルードも交換となりました。

これらを普通に交換するとかなりの金額となってしまうので、最初の購入費用に含まれているとはいっても、その度に費用が発生しないのは嬉しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。