東急セブンハンドレッドクラブとCASIO PRO TREK Smart

先週末、東急セブンハンドレッドクラブというゴルフ場へ行ってきました。

それなりにしか出来なかった練習とCASIOさんから貸して頂いているPRO TREK Smart WSD-F20で久しぶりのラウンドに臨みました。
 
が、残念ながらPRO TREK Smartのレビューは出来ない状況となってしまいました。
 
というのも先日書いた通り、iPhoneとのペアリングを行なっているPRO TREK Smartで使えるゴルフアプリは
の3つ。
当初、Hole19 for Smartwatch(600円)を購入したものの、スタンドアロン型でiPhoneアプリやネットとの連携ができなそうなこと、コースの選択が最寄りからしか選べないことから、思うような動作ではなかったので返品しました。
 
そして、グラフィカルに優れ、1月中旬にiPhoneとの連携も対応予定とメールをもらっていたスマートゴルフナビでコースに行こうと考えていたのです。
 
ところが1月が過ぎ、2月の下旬になってもiPhone対応はされなかったのでスマートゴルフナビは諦めることに。
 
代わりに再度Hole19 for Smartwatchを使おうと思いましたが、Wi-FiにPRO TREK Smartが接続出来る場所でないとコースがダウンロード出来ないと思っていた(後述有)ので、クラブハウスで無料Wi-Fiが飛んでいれば再度購入し、コースもダウンロードしようと考えていました。

 

そんな感じでクラブへと向かいます。
こちらが東急セブンハンドレッドクラブのクラブハウス。
IMG_7556
立派な建物で早くもぷくおは浮いていました。
駐車場も黒塗り、運転手さん付きの車がいっぱい…  でも絶対にぶつけられる心配は無いので、厚かましくも近くに停めさせてもらいました(^^)
 
駐車後受付を済ませ、Wi-Fiを探してみるとフリーWi-Fiが2つ飛んでいます。
やった!と思いPRO TREK Smartを接続→購入→ダウンロードへと進みます。が、なぜか購入までは通ったのに肝心のダウンロードが出来ず、あえなくプレースタートとなりました。

今回ラウンドしたのは西コース。

キャディさんの運転するカートに乗って進みますが、東急セブンハンドレッドクラブはコース内にもカートが進入できる上に、カーナビのようなモニターでピンやハザードまでの距離が常に表示されているので大変便利でした。
 
これならPRO TREK Smartやゴルフ用GPSナビといったガジェットはほぼ要らないですね。
 
持っていて便利なのはボールの飛距離やスコアの確認、カートが近づけないグリーン周りのアプローチ時の正確な距離確認あたりでしょうか。
 
まずはOUTコースから回ります。
IMG_7559
1ホール。
 
IMG_7560
2ホール。
 
IMG_7561
3ホール。
 
IMG_7562
4ホール。
 
IMG_7563
5ホール。
 
IMG_7564
6ホール。
 
FullSizeRender
7ホール。
 
FullSizeRender
8ホール。多くのバンカーが口を開けて待ってます。が無事回避。
 
IMG_7570
9ホール。

なんとか58というスコアで前半を切り上げランチタイム。
ぷくおは大抵お昼を食べると満腹感で後半のスコアが落ちるので、本当ならランチを挟まないスループレーにしたいのですがそうもいかず、皆と一緒にランチタイム。
 
カレーも美味しいとのことでしたが、ハッシュドビーフを選びました。
FullSizeRender
続いて後半のINコースへと向かいます。
 
IMG_7572
10ホール。途中からグリーン方向。
 
IMG_7573
10ホール。途中からティー方向。
 
FullSizeRender
11ホール。
 
FullSizeRender
12ホール。
 
FullSizeRender
13ホール。ぷくおが一番嫌いな、150ヤード超の池越え。
 
FullSizeRender
14ホール。
 
IMG_7579
15ホール。
 
FullSizeRender
16ホール。
 
FullSizeRender
17ホール。左の斜面にあてると思いの他転がり、池手前まで転がり落ちます。下手すると池ポチャの危険有
 
FullSizeRender
18ホール。
グリーン手前のガードバンカーが名物ですが、幸か不幸かそちらには飛んでいかなかったので、絶壁バンカーの恐怖は体験できませんでした。
 
 
後半のスコアは60!  前後合わせて118という同行者の中で最低スコアを叩き出し、久しぶりのラウンドを終えました。

今回は何といってもグリーンが早くてパターが難しかったのと、グリーン周りのバンカーにやられました。
特に、ただでさえ速くて難しいグリーンなのにグリーン奥のバンカーに入れてしまい、バンカーから見たグリーンは下り坂という状況ではどうしたらいいのか本気で悩み、結局ショートという情けない結果になりました。

やはり日頃の練習量がものをいうんだなと実感した一日でしたが、コースに出るのは気持ちが良かったです。

Hole19後記

帰宅後、Hole19 for Smartwatchをダウンロードし、PRO TREK SmartはWi-Fiには繋がず、iPhoneにBluetooth接続のみの設定で検証してみました。
 
その結果、PRO TREK SmartがWi-Fiに接続されていなくてもiPhone経由でコースをダウンロードする事が可能なことが判明。
 
スマホ版のHole19では、有料プランにすると各クラブごとの飛距離や正確性のデータを取ることが出来るなど、アマチュアゴルファーには便利な機能が搭載されています。
 
それらとHole19 for Smartwatchが連携できるかについては、次にコースを回る際に検証してみたいと思います。

 

にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です