広角端50mmスタートで使いやすい、超望遠ズームレンズ 50-400mm (Model A067) が2022年9月22日より発売!!

レンズメーカーのタムロンが以前開発を発表していた、広角端50mmスタートで使いやすそうなネクスト超望遠ズームレンズ50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD (Model A067)を2022年9月22日より発売することが決定しました!!

Model A067はタムロンからの新提案、「広角端50mm始まりのズーム比8倍、フルサイズミラーレス一眼カメラ対応ソニー Eマウント用超望遠ズームレンズ」。

今まで超望遠をカバーするズームレンズというと、大抵が100mmとか150mmスタートで、例えば運動会とかで走っている子の写真を撮るにはいいけどお昼の時間などの近場でのスナップにはアップになり過ぎるためレンズ交換が必要でした。

今回のA067は、万能で使いやすい標準域の50mmから超望遠域400mmをカバーしながら、長さ183.4mm・重さ1,155gと100-400mmクラス同等の小型・軽量サイズを実現。

特殊硝材を効果的に配置することで、50-400mm全域で高画質を達成しています。静粛性・俊敏性に優れたリニアモーターフォーカス機構VXD (Voice-coil eXtreme-torque Drive)や当社独自開発の手ブレ補正機構VC (Vibration Compensation)の搭載により、あらゆる撮影シーンに対応。

さらに広角端の最短撮影距離0.25m、最大撮影倍率1:2の高い近接撮影能力でハーフマクロの世界も楽しめます。

「フォーカスリミッター機能」を新たに追加した独自開発の専用ソフトウェア「TAMRON Lens Utility™」用コネクターポートを搭載するなど、快適な撮影をサポートする機能も充実。

別売アクセサリーの三脚座を使用することで、三脚を必要とするシチュエーションまで幅広い撮影が可能となっています。

製品詳細ページではA067で撮影したサンプル画像が公開されていますが、大昔にぷくおが使用していた某社の28-300mmとは雲泥の差の高画質(流石に最新の超高倍率レンズはもっときれいでしょうが)。

▲使用カメラ: Sony α7 IV 焦点距離: 400mm 露出: F6.3 1/640秒 ISO 640

絶対重量が軽いとは言えないレンズですが、望遠レンズで撮れる世界は楽しいので、いつか手にしたいと思えるレンズです。

ちなみに、こちらのA067は2022年9月22日に195,800円(税込)で発売予定。レンズマウントは前述の通りSONY Eマウントがまずはリリースされるとのことです。

仕様

モデル名A067
焦点距離50-400mm <35mmフルサイズミラーレス一眼カメラ使用時>
明るさF4.5-6.3
画角(対角画角)46゜48′- 6゜11′ <35mmフルサイズミラーレス一眼カメラ使用時>
レンズ構成18群24枚
最短撮影距離0.25m (WIDE)/ 1.5m (TELE)
最大撮影倍率1:2 (WIDE)/ 1:4 (TELE)
フィルター径φ67mm
最大径φ88.5mm
長さ183.4mm
質量1,155g
絞り羽根9枚 (円形絞り)
最小絞りF22-32
標準付属品花型フード、レンズキャップ
対応マウントソニー Eマウント用
希望小売価格195,800円(税込)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。