小谷流の里ドギーズアイランドで遊んで来ました

今年初の小谷流(こやる)の里ドギーズアイランドで遊んで来ました。
小谷流の里ドギーズアイランドとは千葉県八街市にある複合型犬リゾート。

小谷流の里ドギーズアイランドとはどんなところ?

総天然芝のドッグランや湧き水で遊べるじゃぶじゃぶ池、犬と一緒に入れるレストラン、ホテルなど、愛犬と楽しめる様々な施設が整っています。

所在地はこちら

都心からでも高速を使用して1時間〜1時間半程度とアクセスも悪くありません。

駐車場は日帰りでドッグランやレストランを楽しむビジター用と宿泊者用に分かれています。
ビジター用駐車場から施設を望むとこんな感じ。

IMG_7416
 
左から、プールサイドカフェとチケットセンター、ジェラートカフェ、ベーカリー&カフェとなっていて、さらに右側には洋食屋、チャンポン屋さんが並んでいます。

今回もぷくおは日帰りドッグランのビジター利用なので、まずはじめにチケットセンターで受付を行います。
FullSizeRender

ドッグランや1.2kmの四季の花径が楽しめる日帰り利用の料金は次の通り(税込)。

  平日  休日
大人 ¥800  ¥1,000
お子様
4〜12歳
 ¥300  ¥450
愛犬 ¥600  ¥800

※2頭目以降1頭につき平日¥400/土日祝¥500
利用時間は9:00〜19:00となっています。

初回の受付では狂犬病予防注射・感染症のワクチン(5種以上)接種証明書が必要になりますので、忘れないようにお気をつけください。
※証明書はコピー可。接種後1年以上経過および7日以内の愛犬は利用不可

受付を済ますとリストバンドが貰えるので腕に巻きつけ、いざドッグランへ。

IMG_7425

この先に1.2kmの四季の花径があるのですが、てっきり別料金だと思っていたので一回も行ったことがありませんでした… (花径のみの利用だと¥300)
次回の利用時には是非歩いてみたいと思います。
四季の花径

こちらが小型犬用のじゃぶじゃぶ池。
じゃぶじゃぶ池

手前右が小型犬用ドッグラン。奥の建物が軽食が購入できるセンターポイント。さらに奥に中型・大型犬用ドッグランがあります。
小型ドッグラン1

小さい可愛い子がたくさん遊んでいました。
小型ドッグラン2

全犬種用ドッグランとヴィラファースト(宿泊施設)。
宿泊施設

全犬種

中型・大型犬用ドッグラン。
ドッグランの端には夏の時期に嬉しいテント型タープが立ち並んでいます(椅子も置いてあります)。
大型2

このように屋根のかかっている場所もあります。
大型1

こちらのじゃぶじゃぶ池から溢れた水が小川になっているのでたくさんの場所で水遊びできます。
そして、なにやら奥に新たなホテル棟らしき建物が建設中。
大型3

ドッグランを満喫

今回は小さい頃から仲良く遊んでいるお友達と一緒に行ったので思いっきりはしゃぎまわっていました。
_DSC6949

次第にAL(オーストラリアンラブラドゥードル)のお友達も増え
_DSC6958-(1)

最後はもふもふだらけになりました(笑)
_DSC6974-(1)

今回は2月ということもあって枯れた芝生になってしまいましたが、ドギーズアイランドの売りは総天然芝のドッグラン。次の写真は昨年秋の訪問時のものですが、この写真を見ると早く緑の芝の上で遊びたくなりますね。
_DSC6620

その他施設について

今回は初めて洋食レストラン「蜩(ひぐらし)の里」にいってみました。

FullSizeRender FullSizeRender

このように、店内からは鯉の泳ぐ池を見ながら食事ができます。
写真は撮れませんでしたが、ハンバーグもオムレツ&ハヤシライスも共に美味しく、十分なボリュームがありました。

こちらは人気の「小谷流ベーカリー」。地元八街ピーナッツを使った小谷流コッペが大人気で売り切れることもしばしば。
ドギーズアイランドに着いた時に最初に立ち寄り、取り置きしてもらう方法がオススメです。
FullSizeRender

こちらはジェラートカフェ。
FullSizeRender

ファーマーズショップも新鮮な野菜が売っているので覗いてみるのもいいと思います。
IMG_7423

今のままでも十分楽しめる施設ですが、今後「第2のふる里づくり」をテーマに、果樹園やバラ園、温浴施設や乗馬コース、グランピング等が計画されているそうなので発展が楽しみです。

logo_header_lrg

にほんブログ村 犬ブログ オーストラリアンラブラドゥードルへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です