PRO TREK Smartに合うゴルフアプリはHole19とスマートゴルフナビのどちら?

Wear OSを搭載した人気のスマートウォッチ「CASIO PRO TREK Smart」。ぷくおは昨年末から引き続き使用していますが、何度かご紹介した通りぷくおが見つけられたPRO TREK Smartで使用可能なゴルフナビアプリは次の3つ。

1. SMART GOLF NAVi スマートゴルフナビ


2. Hole19 Golf GPS for Smartwatch

3. GOLF NAVI Pro

前回までのラウンド

前回のラウンドではHole19を使用しました。
カートに搭載されたナビの残りヤードとほぼ同じ数値(Hole19はグリーンセンターまでの距離を表示するので、数ヤードだけ違った)なので信頼感がありました。

しかし、画面がグリーン手前・中央・奥の距離(メーター・ヤード切り替え可能)のみとシンプルすぎて寂しかったのも事実。

というわけで事実上選べるもう一つのアプリ「スマートゴルフナビ」を試してみました(Golf Navi Proは評価が低い上に2,960円もする)。

スマートゴルフナビをインストール→チケット購入

スマートゴルフナビをインストールして起動すると、「電話と発信と管理」の許可が求められるので、送信を許可。

起動したらMENUを押し、利用チケットボタン→アカウントを選択すると、1ヶ月240円、1年2,400円、5年9,800円の3種類が表示されます。Google Playで設定されているPINコードを入力(忘れたらすぐに再設定できます)を入れて購入。

コース情報はGPS、履歴、都道府県、名称からゴルフ場を検索し、ダウンロードすることが可能。

無事に「東急セブンハンドレッドクラブ」を見つけ出し、ダウンロードが完了しました。

 

いざ実戦投入!だが…

事前のコースダウンロードも無事完了し、鋸山登山の翌日、またしても東急セブンハンドレッドクラブへやってきました。

今回のラウンドはひらけたフェアウェイが気持ちいい西コース。
手元のPRO TREK SmartもしっかりWest Course OUTを選択し、準備万端でプレー開始。

プレー同様スマートゴルフナビも順調!といいたいところですが、

グリーンまであと150yほどのはずが、831yとありえない位置にいることになっています(6ホール目)。

スループレイなのであまり時間はありませんでしたが、前半終了時に再度設定を見直して臨んだ10ホール目。こちらもセンターまで817yとスーパーチャンピオンティーにいるかのような誤差が出てしまっています。

もしかして、PRO TREK Smartが故障!?と思ってHole19を立ち上げた結果がこちら。

ちなみにこちらはHole19。グリーン手前まで39y、センターまで56y、奥まで73yと、非常に正確。

プレーそのものは課題は多いものの、途中から半袖でプレーできるほど快適な環境で楽しめました。

というわけで、
・iPhone X(OSはiOS12.1)
・PRO TREK Smart WSD-F20(OSはWear OS 2.1)
・iPhone上のWear OS コンパニオンバージョンv 3.8.18.1 ROW
・スマートゴルフナビ 1.7.1
・ゴルフ場:東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(千葉県)
では正常な動作が見込めませんでした。

最初はiPhoneと接続したPRO TREK Smart上のスマートゴルフナビはおすすめできない!と書こうかと思ったのですが、もしかして他のゴルフ場なら違うのかも?と思い立ち、本日(11月11日)に違うゴルフ場へ観戦に行き、再検証してみました。

伊藤園レディスゴルフトーナメントで検証

たまたま行くことになった伊藤園レディスゴルフトーナメント。
秋晴れの気持ちいい中、千葉県長生郡にあるグレートアイランド倶楽部で繰り広げられている熱戦を観戦しに行ってきました。

「コース内では写真撮影禁止」なので大会模様の写真はありません。

唯一取れたのがこちらのクラブハウス内レストランでの一枚。美味しいヒレカツとエビフライを食べながら見る18番ホールはプチ贅沢気分に浸れました。

気になるスマートゴルフナビの結果を写すため、最終組が通り過ぎた後にこっそり腕元を撮影したのがこちら。

東急セブンハンドレッドクラブでは一回も表示されなかった現在地マーク(赤の矢印)が表示され、グリーンセンターまでの距離も表示されました!

写真に写っている通り、ついに現在地が正確に表示され、センターまでの距離や時計の12時の方向とグリーン方向の角度の差(アジャストライン)も分かるようになっています。

しかし、ときおりアジャストラインが全然グリーンではない方向を表示する場合もあるなど、ちょっと不安定なのが気になりました。

また、Hole19に比べてグラフィカルな画面ですが、(ちょっと不安定な)グリーンへの方向表示以外にできることはHole19と同じ。正確にはグリーンセンターまでしか表示できないので少しマイナス。
さらに売りの機能の一つであるグリーン拡大図はすべてのコースで有効ではないようです。

逆に使えるかもと思えたのが、現在地を基準に150、200、250ヤードがどのあたりになるかというショットレーダー機能。

せっかくコース図が出るのですから、簡単な操作で打点を登録でき、それが自身のショットの正確性や飛距離などのデータとして集積できたら便利なのにと強く思いました。

ぷくおの結論

2打目以降そんなに飛距離が出ないぷくおとしては、1回買い切りですみ、グリーン手前、真ん中、奥の位置が分かり、ホールの切り替えが自動で済むHole19 Golf GPS for Smartwatchの方がいいのかなと思いました。

PRO TREK Smartで使用できる使い勝手の良いゴルフアプリを知ってらっしゃる方がいましたら、ぜひコメントで教えていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です