アメリカンチャイニーズ ”パンダエクスプレス”を食べてきました

アメリカ・カリフォルニア州で創業し、今や全世界に1900店舗以上あるアメリカンチャイニーズレストラン「パンダエクスプレス」。
手軽な料金で、海外でちょっと日本で馴染みのある料理「中華」が食べられるということで、海外旅行で利用された方も多いと思います(ぷくお昨年のラスベガス旅行でお世話になりました)。

そんなパンダエクスプレスが2016年11月に日本国内1号店としてラゾーナ川崎プラザにオープン。さらに2018年5月26日に千葉県の三井アウトレットパーク木更津に2号店をオープンさせていました。

パンダエクスプレスが国内出店したのは知っていたものの、なかなか行く機会もないまま時が過ぎ、ようやく木更津店に行くことができました。

パンダエクスプレスがあるのはレストランが並ぶ「ピアストリート」の一角。

店舗はこんな風に屋内席とテラス席があります。なお、テラス席といってもピアストリート全体が屋根に覆われているため、雨はしのげるようになっています。

注文は真ん中の看板に書いてある通り、
1. 「ボウル」「プレート」「ビッグプレート」の中からお好みのサイズを選択。
2. 主食を「フライドライス」「チャオメン(炒麺)」「白米または玄米」「ミックスベジタブル」から選びます。なお、「フライドライス」と「チャオメン」のハーフ&ハーフがオススメされていました。
3. 主菜を「オレンジチキン」「シャンハイステーキ」「モンゴリアンポーク」「マーボートーフ」「エッグプラントトーフ」「クンパオチキン」「グリルドマンダリンチキン」「ブロッコリービーフ」の中から、1で選んだ器のサイズに合わせて最大3品選びます。

ぷくおは、プレートを選んだ上でオススメの「フライドライス」と「チャオメン」のハーフ&ハーフを主食に選び、主菜はカリッと香ばしく揚げたチキンに甘酸っぱいオレンジソースを絡めたPANDA EXPRESSの人気No.1メニューである「オレンジチキン」とオリジナルソースでマリネしたポークと新鮮なマッシュルーム・パプリカ・玉ねぎ・ねぎを炒め、風味豊かなガーリックソースで仕上げた人気No.2メニューの「モンゴリアンポーク」を選びました。

食べた感想としては、フライドライスもチャオメンも、海外のレストランにありがちな濃い味付けではなく、いくらでも食べられる優しい味わい。
人気No.1のオレンジチキンは甘酸っぱいオレンジソースが絡み合ったチキンで確かに美味しかったですが、それよりも人気No.2のモンゴリアンポークが、様々な野菜と柔らかくて旨味のある豚肉に、少し甘めのオリジナルソースがかかっていてとても気に入りました。

ぷくお妻はボウルの器に、チャオメンとミックスベジタブルのハーフ&ハーフ。主菜にグリルドマンダリンチキンを選んでいました。なお、グリルドマンダリンチキンはお好みで照り焼きソースをかけてもらえるそうです。
こちらの味付けは、ミックスベジタブルは味薄め。グリルドマンダリンチキンは脂身がなくさっぱりと食べられるので、女性におすすめとのことでした。

街中にある中華屋さんとはまたちょっと違った味付けのアメリカンチャイニーズレストラン。美味しくてぜひまた再訪したいのですが、川崎も木更津も少し遠いので、できればもっと国内で展開してほしいなと思います。

テラス席はもちろんワンコOKですので、ワンコ連れで三井アウトレットパーク木更津に行かれた方はぜひパンダエクスプレスも覗いてみてください。

店舗情報・メニューの詳細はこちらをご覧ください
https://www.pandaexpress.jp(新しいウィンドウが開きます)

食べログの口コミ情報はこちらをご覧ください
食べログ(新しいウィンドウが開きます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です