【ショートレビュー】USB-Cマルチポートアダプター、MacBookとの組み合わせだと電流不足の模様

外部端子がUSB-C1個のみのMacBookですが、旧来のUSB(USB3.1)やHDMIを充電しながら利用可能なMOBO社のType-C Multi Port Adapterをぷくおは使用しています。

便利だと思っていたマルチポートアダプタですが、MacBookとの組み合わせで弱点が発覚したのでご報告しておきます。

最近DVDを焼く必要があり、友人から借りたELECOM社製のポータブルBlu-rayドライブ「LBD-PUB6U3M」を繋げて使用していました。

スクリーンショット 2018-07-13 22.15.46

ところが、スムーズに焼けるときもあれば、何度もマウントが解除されたりMacBookの充電が解除されるときもあり、最初はマルチポートアダプタの不具合かと思っていました。

よく調べてみるとMacBookのバッテリー容量が減っている時に不具合が発生していました。

つまり、MacBookを充電していると、マルチポートアダプタからBlue-rayドライブに流れる電流量が低下してしまい、動作不安定になるということ。

MOBO社HPを見ても、マルチポートアダプタのUSB電流量が記載されていませんでしたが、USB3.0の規格である5V、900mAをぎりぎり下回ってしまうのだと思われます。

MacBook付属のUSB-C電源アダプタは30Wの出力がありますが、MacBookの充電を行うにはギリギリなのでしょう。

これが高出力のUSB-C電源アダプタと組み合わせてどうなるのか興味がありますが、残念ながら高出力USB-C電源アダプタを所有していないので検証できません…
また、電源アダプタからの給電を行わずにMacBookのバッテリーのみでドライブを駆動できるか試すのを失念していました。

高出力電源アダプタなら電力に余力が出てUSBのバスパワーでBlu-rayドライブが駆動出来るかもしれませんが、素直にBlue-ray純正のACアダプタをつなげるのが確実ですね。
もしくは、MacBookをフル充電にして、電源アダプタからの給電なしでバッテリーでドライブを駆動し、何枚も焼いたりしてバッテリーが低下したら再度MacBookを充電してから使うとかか(可否は不明)。
※USB2個口から電力を取り、1つにまとめるケーブルもありますが、今回予想している大元の電力が不足という場合では意味がありませんね。

同じような使い方を考えている方は、こんなことも起こり得るかもしれないと少しでも参考になれば幸いです。
バッテリー駆動でBlu-rayドライブが順調に動くかはまた折を見て検証して見たいと思います。

 

にほんブログ村 PC家電ブログへ
にほんブログ村

クリックして頂くとブログ村のランキングポイントが入ります。応援よろしくお願いします!

毎日たくさんの応援クリック本当にありがとうございますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です