アプリ「ゴルフな日 Su」を装備し、いざザ・インペリアルCCへ

今まで利用していたCASIO PRO TREK Smart WSD-F20にインストールしていたゴルフアプリは、頻繁にゴルフに通わないぷくおとしてはHole19というアプリがいいという結論に達していました。

PRO TREK Smartに合うゴルフアプリはHole19とスマートゴルフナビのどちら?

簡単にグリーン手前・中央・奥までの残りヤードが分かって便利でしたが、

  • スマートフォンアプリとの連携が無く、打点位置登録ができない
  • コースマップが表示されないので池やバンカーまでの距離が不明
  • 2グリーンに対応していない(2グリーンは日本・韓国ぐらいしか無く、認識はしているが手が回らないとの公式回答をいただきました)

といったことが気になっていました。

ゴルフな日 Su

ここで登場するのが、先日手元に届いたApple Watch対応のゴルフアプリ。その名も「ゴルフな日 Su」となります。

もともと1コース毎に料金を払っていく「ゴルフな日」というアプリとは別に、月額制で使い放題、コースの高低差や風向きメーター、スマートウォッチ連携ができる「ゴルフな日 Su」というアプリが登場していました。

こちらはApple Watchだけでなく、Android系のWear OS版も登場していましたが、PRO TREK Smartではなぜか対応せず(泣)。今回ようやく試すことができました。

現在地からの各ハザードまでの距離が表示できたり

時間毎に予想される風速・風向きも表示できます。

今回のコースではほぼフラットなため使うことはないですが、コースの高低差とそれに基づく補正飛距離も表示可能。

1ヶ月の使用期間があるので、仮登録していざザ・インペリアルCCヘ向かいます。
※使用期間終了後は月額360円

ザ・インペリアル CC

当日は夏らしい暑さと空模様に恵まれたゴルフ日和。日焼け止めを十分に塗ってコースインとなります。

終日晴れ時々曇りの天気だと思っていたところ、プレー開始1時間ほどで積乱雲による通り雨があったり、

雲がぬけた後の少し涼しい時間帯があったり、

うだるような暑さに苦しめられたりしながら

ついに最終ホールでまさかの池ぽちゃをするなどして、久しぶりのプレーを終了。

肝心のApple Watchでのゴルフな日 Suですが、通常はこのような画面で現在地を中心に100・200・300ヤードの同心円が描かれ、目標が決めやすかったです。なお左のヤード表示は上段がピンまでの距離。下段がグリーン手前までの距離となっています。グリーン周りでは拡大表示もされますが、頑張ってプレーしていたため写真を撮り忘れてしまいました。

一番嬉しかったのがこちら。プレー中にiPhone上で同アプリを開いた状態で、Apple Watchの画面をダブルタップすると打った位置が登録されます。最初の頃はApple Watchでダブルタップし、さらにiPhoneでも打点登録をして2重登録されてしまいました。なお、この機能を利用する際はApple Watch上の同アプリ内で「Apple WatchのGPSを優先する」を選択しておかないとiPhone側のGPSを利用してしまい、カートに携帯を置きっ放しだと誤差が大きくなってしまうと思われます。

また、本格的にアプローチを攻めたいという方にはiPhone側アプリでピン位置を修正することも可能スマホアプリ側で修正すると、即Apple Watch上アプリの距離も変更されました。

取扱説明書によると、先にApple Watch側アプリを開いた状態でiPhone側アプリでコースを選択すると、自動的にApple Watch側アプリも同じコースが設定される。という触れ込みでしたが、何度やってもうまく連携できず。それが理由かは分かりませんが、最初の数ホールはApple Watch側で登録した打点がiPhone側に反映されないというトラブルもありました(iPhone側を別アプリに切り替えていたかもしれません)。

これらを踏まえて、ラウンドした使い勝手の○✖️は次の通り。

良かったところ

  • 操作が簡単。
  • 各ヤードが同心円で表示されることで飛距離の目安が分かる。
  • 簡単操作で打点位置登録が出来る。
  • 1日プレーして、Apple Watchのバッテリーは60%程度の使用で済んだこと。
  • スマホ側アプリが風向き、高低差が分かるなど高機能であること。

改善してほしいところ

  • スマホ/スマートウォッチの2つのデバイスがリンクされていることが分かるアイコンが出ていれば便利だなと感じました。
  • Apple Watchの画面をダブルタップするだけで正確な打点位置を記録できるので、できればティーショットの位置もプリセットされている位置だけでなく、より正確な場所を記録できれば嬉しい。
  • 高低差に基づく補正飛距離がApple Watch上でも表示してほしい(今回はほぼフラットなコースなので確認できませんでした。すでに搭載済みなんでしょうかね?)。
  • スコア管理として「ゴルフネットワークプラス」アプリが紹介されているので、同アプリで記録できるショットの方向や追加で各クラブの飛距離・正確性なども管理できたらいいですね(Hole19アプリでは、英語版ですがスマホでの打点登録を行えば同様の管理ができるようです)。
  • 月1に満たないゴルファーとしては、コース買い切り版の形態の方が嬉しかった。

以上参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です