年末に向けたサルスベリの剪定。11月最終週末にようやく実施できました!

前回の剪定からだいぶ日も経ち、剪定からしばらくして我が家のサルスベリはたくさんの花を咲かせ、今は多くの実を細枝の先に付けています。

このままだと来春新芽が出た時に手がつけられなくなってしまうのと、クリスマスに向けたイルミネーションが枝が密集していて取り付けられないため、葉が枯れ始めてからずっと剪定をしたいと思っていました。

そしてようやく今日、体は風邪気味ではあるものの他に予定がなかったため剪定することに。

こちらがサルスベリのビフォーですが、以前の切り口から無数の枝が飛び出ているのが分かると思います。

なんとなく全体の形を意識しながら、チョキチョキと剪定開始。

高い場所、枝が混み合った場所は高枝切りバサミが楽ですが、1本1本切っては足元に置いてという動作が面倒になり、もうこの時期は大嫌いな毛虫もいないことから、剪定バサミとノコギリを持って、塀に登って一気に伸びた枝を切り落としていきます。

一番枝が伸びていたサルスベリを剪定し終えたら、道路に面した低い常緑樹を軽く形を整え、最後に西洋アジサイのアナベルの枝を根元に近いところで剪定して終了。

枯れて種子がたっぷり付いた枝をまとめ、道路へ大量に落ちた葉と種を掃除して剪定作業終了。

まだまだ年末に向けて掃除したいところはたくさんありますが、大物が片付いてすっきりしました。あとはまた時間をみつけてイルミネーションを取り付けるだけですね。

11月もいよいよ終盤。皆様も風邪に気をつけてお過ごしください。

岡恒 剪定鋏 200mm NO.103

岡恒 剪定鋏 200mm NO.103

3,098円(06/18 04:45時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です