【scope】今回入荷の東屋「俎板(まないた)」は粒ぞろいで狙い目

scopeさんで取り扱いされている東屋のまな板。

樹齢200年以上のヒノキを使った一枚板。遥か昔の江戸時代に植えられたヒノキが今やっと成長を止め、日用品となり手元に届くという悠な時を感じさせる一品。

ヒノキには芳香樹脂成分が含まれているので、腐りにくく、カビの繁殖も抑えられます。表面は丁寧に鉋で仕上げられているそう。日常のお手入れは、なるべく合成洗剤は避け粗塩を使って荒い木目を垂直にして立てて乾かせばOKとのことです。

サイズはW420×D230×H30mm / 約1100gの「大」とW360×D180×H30mm / 約810gの「小」の2つ。

木製の俎板は包丁の刃にも優しいので「大」サイズが欲しいのですが、木になるのはやっぱり木目。一枚板なので表情も様々。そこで光るのがscopeさんの個別販売。

この俎板も一個一個の商品が全て写真に撮られているので安心して購入することができます。

俎板は不定期に入荷するのですが、今日販売開始されたロットはどれも綺麗な木目で購入してもいいな!と思えるものが多いのが特徴的。

scope楽天市場店で取り扱いされている中で気に入ったのは次の3つ(いずれも大サイズ)。

残念ながら先週末にイッタラで散財してしまったので軍資金がなくパスですが、いつか買いたい一品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です