続。おにぎり ぼんご。

初となる(本店ではないけど)おにぎり ぼんごは美味しかったのに、昔妻にお薦めされていた筋子のおにぎりを食べ忘れたぷくお。

なんだか無性に食べたくなって、2日連続でおにぎり ぼんご 板橋店へ向かいます。

新板橋駅を降りて暑い中歩いて向かった先にはこの張り紙が…

まさかすぎる仕打ちに、余計おにぎりが食べたくなってしまいます(笑)

今日は久しぶりにぼんごが食べたいという妻のリクエストも兼ねてテイクアウトする予定だったので、妻に遅くなることを連絡した上で本店へ向かいます。

▲ぼんご本店は店前写真撮影不可とのことでしたので、近くの交差点から撮ったものがこちら。iPhoneのマップの新機能であるARでお店のところにピンが立っています。

一度来た道を引き返し、都営三田線、山手線と乗り継いで約20分かけておにぎり ぼんご 本店へ辿り着きました。

おにぎり ぼんご 本店

着いたのは夕方18時。到着時点では2人待ちで、ぷくおが並んだ後でさらに数人が列に加わりました。

お昼と違って夕方早い時間帯ならそれほど混まないのかもしれないですね。

メニューを配りに来た店員さんにテイクアウトの旨を伝えると、持ち帰りに30〜40分ほどかかると言われて挫けそうになります。が、またここまで来ることを考えたらという思いで待つことにしました。

テイクアウトすることを伝えると店内に通され、注文と支払いを先に済ませます。この時お茶が出されたのが嬉しかったです。

昨日見たメニューをもとにあれとこれを注文しよう。と思っていたら、本店は板橋とかなりメニューが異なっていてびっくり。

▲こちらが本店のメニュー

▲こちらは板橋店のメニュー

全般的に本店の方が値段が高めですが、特に今回は絶対注文しようとしていた筋子が、板橋店では330円なのに対し本店では600円とほぼ倍といえる価格設定なのは内容の違いが気になるところ。

長考の結果、まぐろ角煮、うにくらげ、すじこの3つと、妻リクエストの3つの計6個を注文。

完成は店内で待つこともできるとのことでしたが、大塚駅周辺を散策して30分後に再訪して無事おにぎりをゲットしてきました。

おにぎり ぼんご 本店を食べてみた

こちらがテイクアウトしてきたおにぎり。 なんか板橋店のものより若干大きく感じます。

左手前から時計回りに、すじこ、まぐろ角煮、鮭、明太マヨネーズ、卵黄+そぼろ、うにくらげとなります。

黒い海苔の中に輝く具材が芸術的ですらありますね。

まずはうにくらげから食べてみます。濃厚な酒粕とうにの風味がおにぎりとマッチして美味しいです! そして、板橋店よりも本店のおにぎりの方が大きく、 お米もぎっしり詰まっていて食べ応えがあります。

続いてまぐろ角煮は、マグロの旨味が詰まった角煮がかなりたくさん入っていてこちらもなかなかのおいしさでした。

そして本命のすじこ。こちらも塩気が効いたすじこが中にもたっぷり詰まっていて美味しいです!

ぷくおは気づかずに食べていましたが、一口食べた妻によると臭みが全くないとのこと。言われてみれば、確かにスーパーで特売になっているような筋子とは違って純粋に筋子の濃厚な味わいが楽しめるあたり、きっと鮮度のいいものを使っているのでしょうね。

そう考えると倍近い値段にも納得です。

今夜はお味噌汁と一緒におにぎり3個を頂きましたが、2個食べた時点で明らかに板橋店のものよりも満腹感があり、3個食べたらお腹いっぱいに。

本店は並ぶことを考えると気軽には行く気になれませんが、行列も納得の味でした。

今回行ったお店

  • 店名:おにぎり ぼんご 本店
  • 住所:東京都豊島区北大塚2-26-3 金田ビル1F
  • 電話番号:03-3910-5617
  • 営業時間:11時30分〜24時
  • 定休日:日曜
  • 支払い方法:現金のみ(の模様)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。