週末は次男のお宮参りとお食い初めへ

早いもので次男が生まれて100日が経過したので、週末はお食い初めを予約してました。合わせてお宮参りにも行ってきました。

お宮参りは通常産後1ヶ月で行くことが多いといわれていて、実際長男の時には産後1ヶ月後にお宮参りに行っていました。が、その頃の時期はまだ母親の体調が整っていないこともありますし、子供も寝ていることが多いはず。

我が家の次男の場合は、産後1ヶ月頃はまだ母親の体調も悪かったですし、次男は基本起きている時は大泣きしてばかりということもあって、産後1ヶ月でのお宮参りは延期して、お食い初めとあわせて実施することになったのでした。

お宮参り

お宮参りは地元の大神宮である船橋大神宮へ。船橋大神宮は日本一小さい大神宮で、景行天皇40年(西暦110年)、皇子日本武尊(やまとたけるのみこと)が東国御平定の折、当地にて平定成就と旱天に苦しんでいた住民のために天照皇大御神を祀り祈願された処、御神徳の顕現があったのが創始であるとのこと(初出の文献は、平安中期の『日本三代実録』貞観5年(863)の記事とのこと)。

事前に電話で現在のお宮参りの実施方法について聞いたところ、10時から16時までの毎正時にお宮参りを含むご祈祷が行われ、開始15分前までに受付を済ませてほしいとのこと。また(コロナ禍も落ち着いてきたのか、)ご祈祷を受けられる人数の制限はないとのことでしたので、祖父母も含めてお参りに向かいます。

via:船橋大神宮

気持ちのいい梅雨晴れの中、朝一番に大慌てで支度をして船橋大神宮へ向かい、なんとか受付を済ませ拝殿へ向かいます。

待合室には生後1ヶ月ごろと思われる可愛い小さな子がたくさん。その中で、成長曲線をわずかにオーバーしつつある生後100日の太っちょが混ざると、まるで親分のよう(笑)

時間になり神前へ移動してご祈祷を受けます。ご祈祷は座敷にご祈祷を受ける方が座り、神主さんが祓詞を読み上げ、最後に参加者も含めて二礼二拍手一礼を行う流れで進んでいきます。

途中、何度か太鼓の音が響き渡りますが、長男次男とも驚かずに乗り切りました。

おおよそ15分程度でご祈祷は終了し、最後に拝殿の外で簡単に記念撮影をして無事お宮参りは完了。続いて、船橋駅へ移動してお食い初めへと続きます。

お食い初めへ

船橋駅周辺で落ち着いた空間でお食い初めができそうなのは①木曽路 ②梅の花 の2つでしょうか。

新しい場所でリニューアルオープンした木曽路も惹かれますが、今回は船橋東武の中にある梅の花を予約しておきました。

湯葉と豆腐が楽しめる梅の花では、こんな感じのお食い初め膳をお願いすることが可能。

また、店舗によるのかもしれませんが、きちんとした個室もあるので、お食い初めにはぴったり。ただし、今回利用した船橋店では個室数が少なめとのことでしたので、早めにお願いしておく必要がありそうです。

via:梅の花

なお、個室利用の際は、税込価格で4,800円以上の利用が必要とのこと(おそらくは一人当たり。なお、平日は昼が2,800円〜、夜が3,700円〜)。

注文したのはこちらのコース料理

今回お願いしておいた大人用の料理は慶弔懐石コースの中の、全11品で構成される寿コース。

寿コース内容

◆小鉢二種
◇三段引き出し
◆茶碗蒸し
◇かにしゅうまい
◆生麩田楽
◇湯葉揚げ
◆黒毛和牛の溶岩焼き
◇湯葉吸物
◆飯物
◇香の物
◆デザート

最初に出される小鉢二種ですが、今回はワサビ醤油に漬け込んだマグロの山かけと木の芽味噌が乗った嶺岡豆腐、そして三段引き出しの中にある湯葉、煮物、鯖寿司のいずれも美味しく、生麩田楽と湯葉揚げに進む頃にはお腹も満たされ始めます。

終盤の飯物はタコの炊き込みご飯だったのですが、こちらもタコと出汁の味わいがご飯に染み込んでいるうえに、タコも柔らかくて絶品でした。

正直、高齢になった親には多かったようですが、美味しかったので楽しんでもらえた模様。

また、長男にはお子様ランチをお願いしたのですが、こちらも茶碗蒸し、ハンバーグ(公式サイトを見ると豆腐ハンバーグだそう)、フライドポテト、ひと口とうふしゅうまい、ミニグラタン、湯葉揚げ、海老フライ、コロッケ、豆乳入り だし巻き玉子、おにぎり、ミニ豆腐サラダ、デザート、ジュース(リンゴジュースとオレンジジュースから選択可能)と盛りだくさんの内容で、長男も満足してました。

最後に東武デパートの中を見て回って本日の任務は完了。

一度にお宮参りとお食い初めを実施した感想

長男・次男でそれぞれ1ヶ月頃と3ヶ月頃のお宮参りを行いましたが、個人的には一度で全部済ませることができ、かつ母親や子供の体調も生後1ヶ月よりは整っている(はず)の3ヶ月目にお食い初めと合わせて実施する方がいいなと思いました。

ちなみに、長男の時は生後1ヶ月のお宮参りとスタジオでの記念写真をお願いしたのですが、写真撮影時に合わせて機嫌よく起きておくなんてことは出来ず、結局はボツ写真ばかり撮影することになりました。この辺りはお父さん・お母さんが家でタイミングを見計らって撮影する方が良いのかもしれないですね。

今回訪れたお店

  • 店名:梅の花 船橋店
  • 住所:千葉県船橋市本町7-1-1 船橋東武百貨店8F
  • 電話番号:047-460-1017
  • 営業時間:昼11時~16時(15時OS)/・夜17時~21時(20時OS)
  • 最大利用人数:30名
  • 個室タイプ:座敷、畳部屋にテーブル席等複数タイプあり
  • テイクアウト:可能
  • ホームページ:https://umenohana-restaurant.co.jp/
Aenak 袴ロンパース 黒 70cm

Aenak 袴ロンパース 黒 70cm

2,530円(11/29 22:25時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です