新型コロナウイルス接触確認アプリをインストール

AppleとGoogleが共同して作った新型コロナウイルスの接触確認の仕組み。

プライバシーに配慮して、個人が特定されないよう定期的に変わる匿名IDと、そのIDも1m以内に近づいた人だけBluetoothを利用して接触した経歴を暗号化して手持ちのスマートフォンに残しておくというもの。

この仕組みを利用して各国で新型コロナウイルス接触確認アプリが登場し始めていますが、日本でも厚労省から「新型コロナウイルス接触確認アプリ COCOA」が登場しました。

通勤電車で都内に移動している時、結構な時間を過ごすのがコロナ感染のリスクがある。と思っていたので、万一に備えてインストールすることにしました。

新型コロナウイルス接触確認アプリ COCOA

まずはアプリをインストール。アプリは今の所iOS版しか出ていないようですが、近いうちにAndroid版も登場するでしょう。

アプリはこちらからダウンロードできます。

アプリを初めて起動するとこのアプリでできることや利用規約、Bluetoothの利用許可などが求められますので、求められるまま許可をしていきます。

利用画面

設定が終了するとトップ画面にたどり着きます。といっても基本的には裏側で動かすアプリなので何も面白いこともなく、「陽性者との接触を確認する」ぐらいしか楽しみ(?)はありません。

こちらが過去14日間の接触情報。陽性と診断された方が、保健所等から発行される処理番号を自らアプリに登録を行う必要があります。そこまでしてくれる陽性者と1m以内に15分以上いた場合に通知が入るはずです。

個人情報が出ないと分かっていても面倒な登録をしてくれる患者がどこまでいるのか。もしくは陽性者がそんな登録をするほどの元気があるのかが若干疑問もありますが、プライバシー保護のためには仕方ないのでしょうね。

なんとかワクチンができるまでは接触したという通知を見ることなく過ごしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です