ぷくお。二度目の訪問でついに「ツッカベッカライ カヤヌマ」のケーキ購入に成功

かつてオーストリアでは、永きに渡り栄華を極めたハプスブルグ家のもと、世界各地から選りすぐられた様々な食文化が持ち込まれました。それらは時代と共に発展を遂げ、洗練され続けることによってオーストリア独自のかたちとして確立されてきました。 その味を継承する者・・・ オーストリア国家公認の日本人マイスター。
彼の尽きることのない探究心は、伝統と文化を確実に受け継ぎながらも、さらなる独自の味へと昇華させ、ここ日本において新たなる世界を築き上げております。
栢沼の織りなす伝統の味わいを、ぜひ心ゆくまでご堪能ください。

なんだか凄いんだな。と思わせてくれる、東京・溜池山王に店舗を構えるツッカベッカライ カヤヌマさんのプロフィール。

こちらのクッキーが特に美味しい!ということで以前から狙っていたのですが、そこまでの人気だとは知らないぷくおは、1回目は金曜日の18時過ぎに訪問して全商品完売という状況に涙を吞みました。

クッキーを購入するには予約する、もしくは開店前に並ばなければいけないといった情報を耳にしましたが、今回ちょうど正午過ぎに溜池山王にいたのでダメ元で二度目の訪問をしてきました。

日本語訳の「栢沼菓子店」という店舗名なら入店しやすそうなものの、「ツッカベッカライ」という聞き馴染みのないドイツ語の店舗名とお菓子やにしてはド派手な外観で入店するのも緊張してしまいます。

店内は撮影禁止のため写真は撮れませんでしたが、案の定(?)クッキーは全て完売。ですがケーキはまだ種類豊富に残っていたので冷蔵の必要がないものを購入してみました。

こちらが購入してきたボックス。ボックスの上蓋の斜めの切り込みや、写真には写っていませんが袋の折り目など細かいところで上品だなと感じさせてくれます。

購入したのは左から順に「ヒンベア」、「リンツァートルテ」、「アプフェルシュトゥルーデル」の3つ。

イイホシユミコのプレート28cmに載せてみました。上品さを感じさせる小ぶりなサイズ感だというのが分かってもらえるでしょうか。

先日購入した紅茶もいれて準備万端。いよいよ実食です。

ヒンベア

バター風味の豊かなパイ生地にラズベリージャムが入った「ヒンベア」(540円(税込))。上に乗った丸い物体が何かと気になっていましたが、こちらはパイ生地を丸めたものでした。バターのコクが感じられるサクサクのパイ生地に、アクセントのラズベリージャムが美味しいです。

アプフェルシュトゥルーデル

薄く伸ばしたパイ生地で長野産のりんごを巻いたオーストリアの代表的なケーキとなる「アプフェルシュトゥルーデル」。(756円(税込))

薄くしっとりとしたパイ生地やみっしり詰まったりんごは良かったのですが、甘みの少ない上品な味付けでちょっと物足りなかったです。やはりぷくおにはマクドナルドのアップルパイが一番あってるのかも?と、リーズナブルに済む自分の舌に嬉しさと寂しさを覚えてしまいました(笑)

リンツァートルテ

シナモン風味の生地にラズベリージャムが入った「リンツァートルテ」(540円税込)。

想像よりもシナモンの香りは控えめで、しっとりとした生地がスペインのお菓子「ポルボロン」にも似ていると感じました。またアクセントのラズベリージャムやアーモンドも効いていて、今回買った3つの中ではこちらが一番好みでした。

 

値段を考えるとぷくおの舌にはちょっと合わないと感じてしまった初ツッカベッカライカヤヌマ。とはいえ本命はクッキーですし、今回は持ち帰り時間の問題から購入できなかった要冷蔵のケーキも美味しそうだったので、また今度挑戦してみたいと思います。

今回行ったお店

  • 店名:ツッカベッカライ カヤヌマ
  • 営業時間:11:00〜18:00(金曜日〜18:30)
  • 定休日:日曜・祝日 および第1・第3・第5月曜日
  • 連絡先:03-3582-5689
  • 住所:東京都港区赤坂1-4-5
  • 駅からのアクセス:銀座線・南北線 溜池山王駅9番出口徒歩2分
  • 店舗HP:http://www.z-kayanuma.com/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です