WWDC2022で発表されたものの中で良かったもの

日本時間6月7日未明にオンラインで開催されたAppleの WWDC2022基調講演。

WWDCはWorldwide Developers Conference(世界開発者会議)の略で、その名の通りソフトウェアを開発する方向けのイベント。

イベント前には新しい自社製チップとなるM2やARグラスが出るかもといった色々な噂がび交っていて、開発ができないいち消費者のぷくおとしてはそれも込みで楽しむイベント。

既にニュースで多々報道されている通り、ソフトウェアとしてはiOS、iPadOS、macOS、watchOSの次期メジャーアップデートが披露され、ハードウェアではM2チップを載せたMacBook AirとMacBook Proが披露されました。

全体的な方向性としては、iPhone、iPad、Macの連携や、アップル製品を使っているユーザー同士の連携を高める機能が多かったように思います。

個人的に嬉しい機能

OSアップデートでさまざまな新機能が使えるようになります。よりセキュリティが強固になったり、友人や家族との共同作業が便利になったりといった機能も目新しいですが、個人的にいいなと思ったのは次の機能。

メッセージ

よく使うテキストメッセージが進化し、送ったばかりのメッセージを編集したり、最近のメッセージの送信取り消しができるように。これらの機能は送信してから最大15分間であれば可能とのこと。

LINEであれば既に送信取り消しは可能ですが、内容そのものを編集できるのはちょっと目新しいですし、間違えたものをコピーして、一旦送信取り消しして、さらに正しい内容のメッセージを記入するよりスマートですね。

マップ

つい先日、アップルのマップも進化した!と書きましたが、思い起こせばまだ複数の経由地を設定するといったかなり基本的な機能が未搭載でしたが、ようやく15ヶ所までの経由地が設定できるように。

また、すべてのデバイス上で同期されるのでMacで道順を調べて出かける準備ができたらiPhoneでチェックするのも簡単に。

さらに、SuicaやPASMOをウォレットアプリに追加することで、経路検索しながらiPhoneの交通系ICカード残額をチェックし、チャージすることも可能になります

健康とフィットネス

  • ヘルスケアアプリがアップデートされ、「服薬」を使って服用している薬の管理や確認ができるように。iPhoneやApple Watchでリマインダーも受け取れるそう。幸いぷくおは常用している薬はありませんが、親などはしょっちゅう薬を飲んだっけなんて言っていたので、OSがアップデートされたら早速勧めたいと思います。
  • Apple Watchで睡眠の質を測るアプリが多く出ていますが、純正アプリでレム睡眠、コア睡眠、深い睡眠が計測できるように。さらに、就寝前の習慣を作ったり睡眠の目標を達成できているかチェックしたり、睡眠中の酸素レベル、心拍数、睡眠時間、睡眠時呼吸数なども数値で見えるようになるのだとか。

そして気になるのが、「最近のトレンドに詳しくなろう。」という項目。「高度なトレンド分析によって、血糖値、心拍数、呼吸数など健康に関する指標が時間の経過に合わせてどのように変化しているかを見ることができます。」ということですが、心拍数、呼吸数は今Apple Watchに搭載されているセンサーで計測できそうですが、血糖値はさすがに無理。かといって、外部デバイスだと時間経過に合わせてどのように変化しているかを追えるほど計測できないでしょう。ということは、いよいよ今秋発売が見込まれる新型Apple Watchで血糖値が測れるようになるのかも!ですね。

Mac+iPhoneの連携カメラ

iMacやMacBookに搭載されているカメラもだいぶ画質が良くなってきていると感じますが、iPhoneのカメラには敵いません。

新しいmacOS VenturaがインストールされたMacとiOS 16の組み合わせでは、iPhoneをMacに近づけるだけでカメラからの入力が自動的にiPhoneに切り替わるのだそう。

さらに、iPad Proでもお馴染みのビデオ通話中にあなたが動き回っても、常にカメラフレームの中央に映し出されるセンターフレームが使える他、デスクビューといってiPhone手前のデスク上をあたかも真上からカメラで撮影したように処理してくれるのだそう。

▲MacBook Proとディスプレイ上部に装着されたiPhoneの組み合わせによって、画面右側のように手前に座る自身の顔だけでなく、MacBook Pro手前にある小物が、まるで真上から撮影したように映し出すことが可能なんだとか。

テキスト認識表示

今までも英語や中国語で可能であったカメラや写真の中の文字を認識する機能がついに日本語にも対応。これで、日本語に対応だと思ってコピペしたら訳のわからない中国語になってしまったという苦い思い出ともおさらば。

また、ビデオも一時停止することで映し出されているテキストをコピー・翻訳・調べる・共有などが可能になります。

MacBook Air

新たに発表されたMacBook Airは、デビュー以来守ってきた楔形からついに脱却。薄さを生かしたデザインとなり、新色のミッドナイトとスターライト、そして従来からのスペースグレイとシルバーの計4色で登場。

対角13.6インチのディスプレイが備わった他は今MacBookに求められるスペックを満たしていると思います。

残念なのは、MacBook Airでは仕方がないのでしょうがSDカードスロットがないこと。そして重さが1.24kgと決して軽量とは言えないところでしょうか。

価格は164,800円(税込)〜と、以前のものよりだいぶ高めのお値段。と言ってもこれは為替が円安になってしまったため仕方がないですね。

価格が少し高くなってしまったのを除けば、まとまっていていいPCだと思います。ちなみに来月(7月)発売予定とのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。