初めてミラコスタに泊まってきた!!

我が家から1時間ほどの東京ディズニーリゾート。ディズニーランドが舞浜にできて40年間が経過しましたが、会社よりも近い場所にあるディズニーリゾートに泊まったことはありませんでした。

とはいえ一度ぐらい泊まってみたいオフィシャルホテル。3ヶ月前の11時にパソコンに張り付き、なんとか一番泊まってみたかったミラコスタの宿泊を確保したのでした。

ディズニー初心者のぷくお。特に宿泊なんて初めてだったので、そもそもミラコスタの宿泊棟の位置関係がよく分かっていなかったり、部屋の確保ができた直後にレストランを予約しておかなければいけないとか、結構早い段階からキャンセル料がかかるとか、オンラインチェックインが宿泊前日の20:59までなんてこと全てが初体験で、そのせいで当日に余計な移動が必要になってしまったりしましたが、とにかくあのミラコスタに泊まれるということでウキウキ。

残念ながら晴天の多い1月の中にも関わらずあいにくの雨予報の週末でしたが、土曜日は夕方までは天気が持つということだったので、土曜日はディズニーシー。日曜日は天気がもてばランドに行こうなんていうざっくりプラン。子供が小さいのであまりきっちりしたプランを立てても変更になることが多いので仕方ありませんが、もっと下調べしてから行くべきでした。

いざディズニーシー&ミラコスタへ

土曜日はいつも通りの時間に起床したものの、なんだかんだで出発したのは11時ごろで、ミラコスタに到着したのは12時近くになってしまったのでした(これは、そもそも子供達の体力的に朝から行っても持たないという判断もありました)。

いつもとは違うホテルからのパークイン。2階にあるロビーから1階におり、手荷物検査とチケットの確認をしていよいよシーへ。

▲ミラコスタのロビーでは、キャストさんがガーランドを持たせてくれての記念撮影をしてくれます。ぷくおファミリーもせっかくなので撮影してもらってきました

ディズニーシーといえば今は世界中の名所を飛んで巡っていく「ソアリン」が大人気ですが、身長制限が102cm以上となっていて長男はともかく、次男はまだ乗れないこと。そして長男も足が床から離れるので怖がるかも?ということで今回は残念ながらパスせざるを得ませんでした。

他にもセンターオブジアースをはじめとして身長制限で乗れないアトラクションが多く、さらに閑散期で夜のショーがやっていなかったり、中止となっているアトラクションも多め(エレクトリック・レールウェイやトイ・ストーリー・マニア!など)なので、ミッキーに会うこと、子供向けエリアであるマーメイドラグーンに再チャレンジすること(以前行った時は長男が幼くて、あの暗い雰囲気を怖がっていた)、花火を見るあたりに絞り、あとはホテルの雰囲気を楽しむというプランで臨みます。

そこまでは決めたものの、ホテルのオンラインチェックインをやり損ねたことと、18時からホテルで夕食を予約していたこともあり、入園→ユカタン・ベースキャンプ・グリルで昼食→ミッキーのグリーティングトレイルでミッキーと写真撮影→マーメイドラグーン内で少し遊ぶ→ホテルチェックイン&朝食予約→ジャンボリーミッキー鑑賞→タートル・トーク→一度部屋で荷物を置いてオチェーアノで夕食→アラビアンコーストのキャラバンカルーセル→カルーセルの脇で花火鑑賞。そして最後に妻だけセンターオブジアースという流れでパークを楽しみました。

初のホテル利用ということで、事前の朝食予約がうまくできなかったため、15時にチェックインをして部屋から朝食のルームサービスを予約しなければいけない必要ができてしまったために、パークで遊んでいる最中の15時に朝食確保のためホテルに戻ります。

チェックイン直後の朝食予約ですが、今回は記念日での宿泊ということを伝えておいたので、予約していたヴェネチア・サイドのスーペリアルームを眺めの良い部屋にしていただけたのですが、その部屋の準備に時間がかかってしまったため、入室直後にルームサービスを確認したのですが肝心の朝食は既に売り切れの模様。。。

使い方が間違っているのかも?と思い、内線でフロントに電話したらやっぱり売り切れとのこと。15時20分ぐらいですでに完売だったので、部屋食を考えている方は本当にすぐの行動が必要ですね。幸い、ベッラヴィスタ・ラウンジというレストランに9時過ぎから空席があったのでそちらを予約することができました。

▲どんなレストランかという事前情報なしに予約したベッラヴィスタ・ラウンジ。窓際席を案内していただき、こんな素敵な眺めの中での朝食が取れました

ベッラヴィスタ・ラウンジがどんなレストランかよく分からなかったものの、とりあえず朝食を確保したので再度パークに向かったのですが、少ししたらまた夕食を食べにホテルへ戻るという余分な移動が発生してしまったのが悔やまれます。

とはいえ、パーク内から自分の部屋を見上げたり、ホテル内の装飾を楽しんたり、部屋から綺麗な夜景を楽しんたり出来ただけでなく、レストランで美味しい夕食や朝食をゆったりと食べつつパークを眺めていると、まるで海外旅行に来た気分になれたのは嬉しいポイントでした。

▲これが部屋から見た夜景。手前にゴンドラの浮かぶ運河。奥にはタワー・オブ・テラーやS.S.コロンビア号が見えて、本当に日本ではないみたい。ちなみに写真左側にはミラコスタ宿泊者のみ利用可能なプール(屋内外)が。

もしまたミラコスタやパーク近くのディズニーランドホテル、さらに今年オープンするファンタジースプリングス内のホテルに泊まれることがあれば、朝イチで入園して15時から一旦休憩。その後ホテル近郊のアトラクションなどを楽しんでから夕食という流れで楽しんでみたいところ。

家族4人で沖縄に行けるぐらいお金がかかったミラコスタ宿泊でしたが、近場なので幼児連れでも楽ですし、食べ物にアレルギーのある長男でも安心して食事を楽しめることなどから、またしばらくしたら泊まってみたいと思えた1泊2日でした。

宿泊予約やミラコスタ、レストラン詳細はまた今後別記事でアップする予定ですので、よかったらお付き合いください。

Disney Supreme Guide 東京ディズニーシーガイドブック with 風間俊介

Disney Supreme Guide 東京ディズニーシーガイドブック with 風間俊介

講談社, 風間 俊介
2,200円(03/01 22:05時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です