ピクチャーレールを導入してマリメッコのファブリックボードを玄関に展示。運気が良くなりそうで満足!

以前購入したマリメッコのファブリックボード。ずっと階段の踊り場に置いていましたが、そろそろきちんと置きたい!という訳で、絵画などを吊るすピクチャーレールを導入してみました。

Amazonを覗くと色々なピクチャーレールが売られています。

最終的には信頼のおけそうな日本のメーカーということと、レールの奥行きが16mmと狭い、福井金属工芸さんのピクチャーレールを購入してみました。

取り付け

こちらが届いたピクチャーレール。レール本体の他、吊り下げるランナーとレール末端のストッパー(こちらはあらかじめセット済み)、取り付けネジ5本、ワイヤー2本が含まれています。

ピクチャーレールは幅100cmで、レールの天井に面する部分に4箇所取り付けネジ用の穴が空いています。

取り付けたい場所(今回は玄関の壁)にピクチャーレールをあて、ネジを取り付ける箇所に鉛筆でマークをしておきます。

一旦ピクチャーレールを外し、先程付けたマークの壁紙をカッターでめくって、将来ピクチャーレールを外した時に復元しやすいように下処理を行っておきました。

続いて、ピクチャーレールを天井に当てた状態で取り付けネジをつけ、ランナーにワイヤーを引っ掛けます。

ワイヤーに付いているフックは頭のポッチを押すとロックが解除され、スムーズに垂らす長さを変えられます。

フックの下に垂れたワイヤーがファブリックボードの下から覗かないように余った部分を丸めて、最後にファブリックボードをかけて完成!!

こちらの写真が、玄関を開けて目にする正面の壁。今まではエコカラットの白一色でしたが、マリメッコのファブリックボードが掛けられたことで一気に鮮やかに変身。

高さ、幅を簡単に調整可能なので、季節に合わせてすぐに変更できるのも便利そう。

もっと早く導入しておけば良かった、いい商品でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。