大人気おにぎり専門店「ぼんご」の人気メニューである「すじこ」。本店と支店で比べてみた結果

大型連休時には数時間待ちともなる人気を誇るおにぎり専門店ぼんご。大人気なのは東京・大塚駅にある本店ですが、直線距離で約2km程度となる埼京線・板橋駅/都営三田線・新板橋駅近くに支店があります。

ぷくおのぼんごデビューはこの板橋支店だったのですが、続いて食べた本店のほうが、より大きく、よりふわっとしていて、人気の高さを実感しました。

本店・支店で似たようなメニュー構成となっていますが、驚いたのが人気メニュー「すじこ」の値段が、板橋店では330円なのに対し、本店は600円とほぼ2倍の価格と大きく異なるところ。

▲ぼんご板橋店のメニュー

▲ぼんご本店のメニュー

本店のすじこは確かに美味しかったものの、気になるのが板橋店のすじこ。というわけで、再び板橋店に足を運んでテイクアウトしてきました。

ぼんご板橋店のすじこ

ぼんご板橋店を訪れたのはお盆前の平日13時前。

すぐにテイクアウトできるかが不安だったものの、先客は既に食事中の1名のみ。すぐに注文が通るのはありがたいものの、閉店しないか若干心配になってしまいます。

今回はすじこの他に、鮭、しゃけ明太、ねぎとろ、イカ明太子+チーズトッピングも購入してみました。

失敗したのがネギトロ。というのも、テイクアウトしてから食べるまでに1時間強の時間が経過してしまった結果、おにぎりの温かいご飯で熱が入ってしまい、ちょっと味覚が変化してしまいました。ネギトロはお店で食べるか、テイクアウトするにしてもご近所さんでないと味が落ちてしまいますね。

さけやしゃけ明太は安定の美味しさ。そして、イカ明太子+チーズトッピングは、最初チーズという言葉がメニューに載っていたので、まさかのチーズおにぎり?と思って聞いてみたら、普通はトッピングで頼む方が多いというので、イカ明太子にトッピングしてみました。どちらかというとピリッとしがちなイカ明太子に甘みのあるチーズが加わって、これはこれで美味しいおにぎりとなりました。

本店のすじこおにぎり

そして、本命のすじこ。まずは本店のすじこを見てみましょう。写真左下がすじこのおにぎり。

かなり大きいおにぎりの中に、臭みのない高品質だと思われるすじこがたっぷりと入っています。なんでもこちらのすじこは築地から仕入れているんだとか。

板橋店のすじこおにぎり

で、こちらが板橋店のすじこおにぎり(最右)。

写真で見ても、本店のおにぎりより厚みが無いのがわかるでしょうか。肝心の中身はこちら。

なかなかどうして、思ったよりもすじこが入っていますし、本店同様臭みがなく美味しいすじこでした。

おにぎり単体での食べ応えという点では本店の方が優勢ですが、なんなら板橋店すじこおにぎりを2個買ってもいいわけです(笑)

おにぎり自体のふんわり感は本店が際立っていますが、板橋店のおにぎりも十分美味しい。

そういった諸々を考えると、特別感を求めて「ぼんごのすじこおにぎり」を食べたいのであれば本店。もう少し日常的に高頻度で楽しむなら板橋店という結論に落ち着きました。

ぷくおとしては、並ばずに買えて、お財布にも優しい板橋店推しでいきたいと思います。

今回行ったお店

  • 店名:おにぎり ぼんご 板橋店
  • 住所:東京都板橋区板橋1-27-13
  • 電話番号:03-3963-9502
  • 営業時間:11時10分〜14時、16時〜21時
  • 定休日:日曜・祝日
  • 支払い方法:現金のみ(の模様)
おにぎり達人 FP-363

おにぎり達人 FP-363

1,418円(09/27 00:03時点)
Amazonの情報を掲載しています
365日おにぎりレシピ (KomachiBOOK)

365日おにぎりレシピ (KomachiBOOK)

1,188円(09/27 21:17時点)
発売日: 2017/10/25
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。