Macbook ProとQi充電器が同時利用できるUSB PD充電器を購入

先日購入したMacBook Pro。使い勝手がいいので、通勤中に使ったり、会社でも調べ物用で使ったりしています。

そうなる時になるのがバッテリー。というわけで、会社でも充電するための充電器を買うことにしました。

必要な条件

最近のApple製ノートPCはUSB-CコネクタのUSB PDで充電が行われます。

もちろんぷくおが購入したMacBook Proも同様。USB PD対応の充電器はスマートフォン向けの15Wぐらいの低出力から販売されていますが、MacBook Proは18W程度の入力がないと充電できないとのこと。

また、会社の机で使用できるコンセントは1つだけなので、できればスマートフォン用ワイヤレスチャージャーのQi充電器用電源とMacBook Pro用の電源を1つにまとめたいと考えました(3個口のコンセントとかは邪魔なので却下)。

ぷくおが使用しているのは「Beatife Qi 急速 ワイヤレス充電器」という製品で、iPhone X購入時にAmazonで購入しました。

Amazon Cyber Mondayで買ったもの

既に販売終了している製品ですが、NANAMIという会社から出ているワイヤレスチャージャーと中身は同一の模様。

ワイヤレスチャージャーの入力電圧はDC 5.0V 2.0A/DC 9.0V 1.8Aとなっているので、5V出力であれば10W以上あればOKです。

ということで、1つのアダプタで18W以上のUSB PD(USB-C端子)と、10W以上のUSB-A端子を備えるものを購入することにしました。

条件に見合う充電器は?

MATEC Type C 60W PD & QC3.0充電器

安くて条件に見合った充電器。最初はこちらを購入しようかなと考えたものの、レビューを見ると耐久性が無さそうなコメントがちらほら見受けられたのでパスすることにしました。

Omars USB C PD充電器45W

購入したのはこちら。USB-Cのみ使用の場合は45W、USB-CとUSB-Aの両方を使用した場合、PDは29Wの出力とのことで、ぷくおの使用には十分な出力。また、USB-Cケーブルが付属されているのも嬉しいポイントです。

主な仕様

入力:AC 100-240V 50 / 60Hz 1.0A
USB-Cのみ使用の場合(PD45W ):
 USB-C出力:DC 5V / 3A; 9V / 3A; 12V / 2.5A; 14.5V / 2A; 20V / 2.25A
USB-C+USB-A使用の場合(PD29W+USBA):
 USB-C出力:DC 5V / 3A; 9V / 3A; 14.5V / 2A(29W PD)
 USB-A出力(x2):DC 5V 2.4A max(合計)
サイズ:52 x 28.6 x 75.8 mm / 2.05×1.1×22.98インチ
重さ:134g

YOJOCK USB PD 充電器 45W

YOJOCKのUSB PD充電器は合計出力57W。USB PDに45W、USB-Aに12Wの出力が可能となっていて、こちらもUSB-Cケーブル(1.8m)が付属します。

主な仕様

入力電圧:AC 100-240V 50/60Hz 最大1.5A
PD 出力: 5V 3A/ 9V 3A/ 15V 3A/ 20V 2.25A 最大45W Quick Charge 3.0 /2.0 対応
USB出力: 5V 2.4A 最大12W
合計出力: 最大57 w 
サイズ: 62mm x 62mm x 30mm
規格:PSE、UL、FCC、CE、RoHS認証済

Anker PowerPort ll PD 

バッテリー関連で評価の高いAnkerの充電器。こちらの特徴は何と言ってもUSB-AポートがAnker独自技術のPowerIQ 2.0によりQuick Charge対応機器であれば最大18Wの出力が可能。また、USB PDポートは30W出力が可能となっています。

iPhoneではQuick Chargeの恩恵には預かれませんが、対応する端末を所有の方にはうれしい機能ですね。

主な製品仕様

重さ:約130g
入力:AC 100 – 240V/1.6A、50 – 60Hz
USB-C PD出力:5V/3A、9V/3A、15V/2A、20V/1.5A
PowerIQ 2.0出力:5V/3A、9V/2A、12V/1.5A

Omars 充電器を開封

こちらが届いたOmarsのUSB PD対応充電器。

中には充電器本体とUSB-Cケーブルが付属。出力ポートはUSB-PD×1、USB-A×2となっています。

コンセント差込口は折りたためるのでコンパクトになります。

使用してみました

早速会社に持ち込み、ワイヤレスチャージャーとMacBook Proを接続してみました。

試しにMacBook Pro、iPhone共にある程度バッテリーを消費し、両方とも充電させてみましたが、無事に双方に電力が供給されました。

機能面と価格は今の所文句の付け所がない充電器ですが、気になるのが本体の素材。光沢感のある黒の素材なのですが、なぜか埃を寄せ付けやすいので傷がつきやすそうです。

充電器なので傷なんか気にしていてはだめですが、できればホワイトボディが販売されていたら良かったのにと思いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です