久しぶりのゴルフは名門・中山カントリークラブへ。

もしかしたら2年ぶり?となるゴルフ。今回は千葉県八千代市にある名門の中山カントリークラブにお邪魔しました。

何度か近くを通っていたはずなのに、こんな所にゴルフ場があったんだ。というぐらい、特別感のない入口付近(笑)

ネットで事前に見ていたレビューなど指摘されていたのが門からこのクラブハウスまでの動線の短さ。と、クラブハウスの古さ。

名門ゴルフ場だと、門を抜けてからしばらく走ってクラブハウスに辿り着くらしいのですが、中山は門をくぐってすぐにクラブハウス。

動線の短さは郊外のゴルフ場なので仕方ないですね。またクラブハウスも、古いなりにも手入れは行き届いているので気持ちよく利用させていただきました。

コースの印象

中山名物がこのクラブハウス前にかかる吊り橋。昔はここから歩いてコースに向かうという風情ある作りだったのですが、カートが投入されたことで、なかなか渡る機会も無さそうです(ぷくおも、朝練習場に向かったら一度も橋を渡る機会がありませんでした)。

そんな吊り橋の先にOUT/INコースが広がります。

コースはどれもベント芝と高麗芝の2グリーンとなっていて、夏の時期は高麗グリーンに切り替わっています。

グリーンのコンディションは速さ8.6とのことですが、ぷくおも周りも9半ばぐらいにあるように感じました。もしかしたらこの感覚とのズレは高麗芝のせいなのかもしれないですね。

コースは、ティーショットからちょうどボールが落ちるようなあたりにバンカーがあったりフェアウェイが絞られているようになっていたり、嫌な位置に立派な木があったり、(どういう理屈かは分からないけど)キャディーさんによると右に打ち込みやすくなっている作りになっていたりと、戦略性があってレベルに応じた楽しみがあるコースでした。

バンカーは、ぷくおはフェアウェイバンカーに一度捕まっただけで済んだので分かりませんでしたが、同行者によると思ったより砂が固くて苦労したとのこと。なったのレビューだときちんと砂が柔らかく整備されているとのことだったので、たまたま天候とかの影響が出たのかもしれません。

フェアウェイはもちろん、ラフも綺麗に芝が整備されていてとても気持ちいいのが嬉しい所。今年の夏は雨が全然降らなかったり、降ったら数日間降りっぱなしと、芝の整備に苦労しそうなものですがさすが名門だなと思う次第。

グリーンも同様に綺麗な芝になっていて、見た目はとても綺麗。なんですが、先にも書いた通り予想以上に速い転がりと、高麗芝ならではの強い芝目で苦労させられました。

また、事前の予想と大きく違ったのがコースの起伏。今回は事前にアプリの「GOLFな日Su」でコースレイアウトや起伏を見ていましたが、画面上だとかなりフラットだと思っていたのに、なかなかの傾斜のあるコースが多くて驚きました。

ラウンド

さて、この2年間の間に練習したことといえば、ここ2週間のパターマット練習と数日前の打ちっ放し100球。そしてYouTube視聴だけ。

反面、2日前にモデルナワクチンを接種したことによる左肩の筋肉痛、前日夜になぜか歩くと左足が痛むという、かなりひどい状態の中でのコースイン(コースに対して申し訳なかったほど)。

今日の戦略としては、とにかく第一打をどんなに飛距離が出なくてもいいからフェアウェイをキープし、ほどほどに刻んでグリーン花道から最後に寄せて2パットで上がることを考えていました。

が、当然同行者はみな一打目はドライバーですし、キャディーさんも有無を言わさずドライバーを差し出すので、ショートコース以外は全てドライバーでのラウンドに。

第1ホール

途中二度ほど暫定球を打つ事態にはなったものの(どちらも一打目がセーフでした)、他は2年ぶりとは思えないほどフェアウェイをキープすることができました。

となるときちんとスコアがまとまったと思われそうですが、特にOUTコース前半はグリーン周りのアプローチの距離感が合わなかったり、パターで苦しめられました。

最初の3ホールは特にパターが合わなくて苦労することに。続く試練は、名物の5ホール目。池越え178ヤードで、最初は素直にユーティリティなどでとにかく池を越すことを目標にしていました。が、周りがアイアンで寄せていくのに感化され、アイアンで攻めたら案の定ミス(笑)

池手前の林に入り込み、抜け出すのに2打も使用する始末。身の丈にあったクラブで、素直にバンカーにでも入れたほうがましでした。

途中でスコアも多少まとまってきたと思ったら、9ホールで左側のラフを渡り歩く羽目に遭い、途中大きな木に阻まれるなどしてなんと9打。とほほな前半ラウンド最終ホールを終えて昼食。

美味しいビールカレーを食べて気分一新。

INコースはドライバー、ウッド、アイアン共にカンが戻り、あわやチップイン?なんて場面も出るなど徐々にスコアもまとまり始めます。

と思ったら、最終18ホールで2打目が思ったより左に飛んでしまい、谷底の林へIN。谷間の林からでは到底グリーンに寄せることはできず、坂途中のフェアウェイに出すのが精一杯。最後はPAR4を7打かけてフィニッシュとなりました。

今日の目標は100切り。だったのが、前半で63も叩いてしまい、お昼の時点で目標達成は不可能に。後半は頑張って52でまとまり、トータル115打。

次回こそは100前半、または100切りとなるよう頑張りたいと思います。

中山カントリーは、ぷくおのような下手っぴにも、飛ばし屋にも上級者にも、それぞれ違う課題を与えてくれるようで、全員コースに満足していました。

また、何より家から1時間もかからないでアクセスできるのがいいですね。この楽さを知ってしまうと数時間かけて向かうゴルフ場はあり得なく感じてしまいます。

都内の方でも、地下鉄東西線から直通の電車一本で最寄りの駅へ到着し、そこからクラブバスやタクシーで10分で到着するので利便性が良さそうです。

ぜひまたリベンジラウンドしてみたいと思わせるコースでした。

今回ラウンドしたゴルフ場

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です