レストラン20時閉店トラップに引っかり王将に行くも「ラーメンで失敗した」の巻

今日は2月最初の金曜日ということ、ここ最近はテレワークで外出がほぼ無く単調となっていたことから、日常に変化をつけるため夜は外食に出ることに。

ちょっと予定が押したため家を出たのは19時半近く。この時点ではまだ、緊急事態宣言の影響でレストランが20時で閉店になるということを完全に忘れていました。

行きつけのレストランに着き、中に入るとラストオーダーを過ぎているとの悲しいお知らせ。

仕方なくテイクアウトをやっていると思われる餃子の王将で買って帰ることにしました。

餃子の王将で買ったもの

今夜はぷくおが醤油豚骨ラーメンと天津飯。ぷくお妻が極王焼きそば。それとサイドメニューで唐揚げを購入。

唐揚げは柔らかく鳥の甘みも感じられる安定の美味しさ。天津飯は京風のタレに。こちらは生姜とウスターソースがメインらしいのですが、まろやかな味わいで何となくですが「京」を感じます。

ところがここからが問題。

ラーメンも焼きそばも、味わいに微妙に奥行きが感じられません。

どちらも具材が多め(と言ってもラーメンはチャーシューともやし、メンマの3種類だけですが)なのにもったいない。

焼きそばの方は、最初岩塩をまぶしてみたけどちょっと違う。一気にタイ風になるけどナンプラーをかけたら美味しくなりました!

ラーメンはというと、家にある調味料で美味しさが向上しそうなものが見当たらなかったため味変はできずじまい。

ラーメンに不満が残る結果となってしまったので、近いうちにしっかりとしたラーメン屋に行きたくなる、そんな金曜の夕食となってしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です