「一蘭ラーメン ちぢれ麺」はちょっと微妙でした…

先日福岡に出張した際に空港で買ってきたのが「一蘭ラーメン ちぢれ麺」という袋麺。福岡でしか売っていないという噂を聞いたのですが、公式通販サイトを見てみると普通に購入できる商品でした。

一蘭といえば博多とんこつラーメン定番の細麺ストレートが定番。そこにあえてのちぢれ麺での販売ですがどんな味なんでしょうか。ちなみに価格は5食入り2,000円(税込)と、実は博多細麺ストレートと同じ値段(というか、期間限定で細麺ストレートは+1食となっています)。

味付け卵、チャーシュー、ネギを買ってきていざ調理開始。

調理方法

  1. 鍋に水を入れ沸騰させる。 (一人前あたり450ml)
  2. お好みのかたさに麺を茹でる。
     かため(2分30秒)/ 基本(3分) /やわめ(3分30秒)
  3. 火を止めて、スープと油を入れる。
  4. 器に移し「赤い秘伝の粉」を加える

よくある袋麺と同じ作り方でいたって簡単ですね。

実食

1回目はレシピ通り450ミリリットルのお湯で調理してみましたが、スープの味が少し薄く感じます。

そのため、2回目は少し水を少なめにして調理したところ、よりお店に近い豚骨スープの雰囲気が出てきます。

2回食べた感想ですが、スープは一蘭っぽさがあってよくある袋麺 よりも本格的な豚骨スープが楽しめましたが、肝心の麺がぷくおにとってはイマイチ。

商品説明では「スープとの相性を第一に考え、小麦の配合はもちろん、麺の太さ・形状・かたさに至るまで試行錯誤を重ねました。 そのため噛めば噛むほど小麦の風味を楽しめます。」と書かれていたのですが、サッポロ一番の袋麺との違いが分かりませんでした。

一蘭ラーメンちぢれ麺1食でサッポロ一番の5食入りが買えると思うと正直リピ買いは微妙ですね。

次回、店舗に食べに行った際に噂のカップ麺でも買ってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。