2024年動物園初め

年末年始も会社に行ったり電話がかかってきたりであまり新年という気がしませんが、2024年初めての三連休。初日は次男と千葉市動物公園にやってきました。

千葉市動物公園といえばレッサーパンダの風太くん。駐車場からアクセスする西門を入り、坂を登った先がレッサーパンダエリアとなります。

残念ながら今日は風太くんは家の中で寝ていたのか姿を見ることができませんでしたが、他のレッサーパンダに次男は夢中。

園内をぐるっと回って再度レッサーパンダエリアに来た時も一目散に駆け寄っていました。

いつも通り、ミーアキャットやチーター、ライオンのいるエリアを抜け、平原ゾーンでキリンや象、カンガルーなどを見た後は鳥類・水系ゾーンでペンギンを見に行きます。

残念ながらペンギンは寒いのか泳いでいませんでしたが、代わりにアシカが楽しそうに泳いでいて子供は大喜び。

最後にモンキーゾーンで跳ね回る猿に興奮した後は、展示エリアを離れ、ふれあい動物の里へ。

ここには乗馬体験、キッチンカーや子供向けの遊具も揃っていますが、メインは餌付け体験。

馬、羊、アルパカ 、ヤギ、ウサギなどへ有料で餌をあげられるようになっています。

次男はまだ1歳10ヶ月ということもあり、おとなしく食べてくれる羊へ餌やりをしてきました。

普段から自分の食べ物を犬にあげてる次男。羊への餌やりは小型の鍋に草を入れて食べさせるのですが、めちゃくちゃ喜んでくれて父もハッピー(笑)

ただ、草ばかり食べさせられているので羊もちょっと食傷気味。

こういう時は、餌に1本入っている麩の付いた割り箸を差し出すと喜んで食べにきます。というか、箸を持った時点で寄ってきます。

長男の時に学んだのは、麩はそのままだと口に挟んで一気に食べられてしまうため、一度割り箸から取って小分けにしたものを割り箸に挟んだ方が良いということ。

このやり方をすることで、1本の麩で3回餌付けをすることができました。

そんな楽しかった餌付け体験も、次男は出口の先にある幼児向けの電車等に乗りたい!欲が前回となってしまったためすぐに動物以外の遊びで上書きされてしまいました(笑)

今回は食事を園内で取らなかったこともあり、わずが2時間ほどで動物園は終了。

園内にはレストランだけでなく、ピクニックができる場所やベンチもあるので、もう少し暖かくなったらゆっくりと楽しむのも良さそうですね。

もっと知りたい動物園と水族館 園長のはなし、飼育係のしごと

もっと知りたい動物園と水族館 園長のはなし、飼育係のしごと

小宮 輝之
1,320円(04/15 19:52時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です