MagSafe対応iPhoneレザーウォレットが届いた!! 高品質でおしゃれ。なんだけど返品するかも…

今までのiPhone Xでは手帳型のケースを使い、カード収納ポケットに自宅のカードキー、クレジットカード(近所のスーパーがApple Pay非対応なんですよね…)などを入れていました。

おかげで財布を持ち歩かなくても、iPhone一つで日常的な行動は可能なのが便利でした。ところがそんな便利な手帳型ケースにも不便な点が2つだけあります。

一つ目はカバーを開けないと画面が見えないというところ。まあそれはまだ手帳型だから当たり前ですね。

二つ目は、動画撮影時の手ぶれを吸収するジンバルに取り付ける時。

このデメリットを解消しつつ、クレジットカードの磁気ストライプを守るために選んだのがアップルのMagSafe対応iPhoneレザーウォレット。

MagSafe対応iPhoneレザーウォレット

購入したのは「ゴールデンブラウン」色。「最大3枚のカードが入り、シールド機能があるのでクレジットカードを入れても安心です。」と説明されていました。

パッケージを開けるとすぐにウォレットがお目見え。この下に注意事項が記載された紙が入っています。

革の品質も高そうですし、縫製も綺麗。さすがアップル。

こちらは裏面(iPhoneに接する側)。カードを抜くときは開いている穴から指で押し出します。

イラストに書いてある通り、磁気ストライプは表側にするようにとのこと。MagSafeの磁力は強力ですからね。

MagSafe対応クリアケースにぴたっと取り付けたウォレット。

カメラ部とも干渉せず綺麗に取り付けることが可能。また、ディスプレイを上に置いたときにウォレットの厚みでカメラ部がテーブル等に接しないのは傷防止の観点から見て安心度アップ。

ウォレットを取り付けると自動的に認識されます。

上の「続ける」をタップすると「探す」アプリに追加するか否かの確認が行われます。基本設定では、取り外されて1分が経過するとどの場所で外れたか通知が来ます。なお、AirTagの「正確な場所を見つける」には非対応です。あくまでどこの住所で外れたかだけ。

ロック画面でも使用中でも、外れてしばらくすると通知が入ります。その取り外しが意図的か否かに関わらず…ですが。

ちなみに重さはウォレット単体で33.2g。iPhone13 Pro+ガラスフィルム+クリアケース+ウォレットで重さは277.5gに。さらにカード2枚入れた持ち運び時の重さは296.0gにまで増加。同じカード枚数を入れたiPhone X+手帳型ケースは274gでしたので、22gの増加となりました。

残念ながら、ぷくおの家のカードキーは厚めだったのでクレジットカードとカードキーの2枚しか収納できませんでしたが、これでiPhoneだけで出かけるようになりました!

なお、ウォレットの内部奥には少し出っ張りがあるので簡単にカードが抜けたりしないようになっている模様。こういった配慮もさすがアップルですね。

使用前のお手入れ

本革製品なので、長持ちするようレザーマスターの保護クリームを塗っておきました。さらにしっとりした質感になって満足度もプチアップ。

問題発生

先にも書いた通り、ウォレットに入れたカードは家のカードキーとクレジットカード。クレジットカードは支払い時に「ウォレットをiPhoneから外して、背面に指を当ててカードを抜き出して支払い」がちょっと面倒ですがやれないことはない。

問題はカードキー。出かけたい/家に入りたい時はウォレット(に入ったカードキー)をドアにかざしてさっと入りたい。ところが、シールド機能はMagSafeの磁力から中のカードを守るだけでなく、表側の情報のやり取りもシールドしている模様。

カードキーの表裏・上下を変えて、ウォレットを取り外して表裏全てのパターンを試し、さらにカードキーを少しウォレットからはみ出させたものの、家の鍵は反応せず。

こうなると、解錠・施錠するたびにウォレットからカードキーを抜くという作業が必要に。

スキミングの心配がないのは安心ですが、ちょっと不便極まりないと思います。今日は届いてまだそれほど試していないので、数日使って慣れるかどうか確かめたいと思います。

MagSafe対応iPhoneレザーウォレットの購入を考えている方は以上の点にご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です